印刷版   

ソニーをBBB+に、東芝をBBBに格下げ=フィッチ

 フィッチ・レーティングスは、ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の格付けをA─からBBB+に、東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)の格付けをBBB+からBBBに引き下げた。アウトルックは、ソニーが弱含み、東芝が安定的。

 フィッチによると、ソニーの格下げと弱含みのアウトルックは、今後1─2年、同社の財務の柔軟性が低下し続けるとの予想に基づいている。東芝の格下げは、米ウェスチングハウスの買収について、予想されたより多額の買収費用がかかることに加え、半導体事業への積極的な投資により、同社のレバレッジが相当程度上昇するとの予想に基づいている。

 格付けは、2社とも外貨建て・円建て発行体デフォルト格付け。

[東京 11日 ロイター]

 (06/10/12 08:54)  





■関連文章
  • ソニー製電池搭載のPCで発火、原因は調査中=レノボ(06/09/26)
  • 欧州委員会、東芝のWH買収を条件付で承認(06/09/20)
  • ソニー製電池を搭載した米デルのノートPC、国内で2件出火=経産省(06/08/24)
  • 独ベルテルスマン、ソニーBMG持ち分の一部売却を検討(06/07/05)
  • 中国の銀行、景気下降期に備えて収益性の改善が必要=フィッチ(06/06/30)
  • ソニー、フラッシュメモリー搭載の小型パソコンを7月3日発売(06/06/27)
  • ソニー、次世代機「プレステ3」も全世界生産出荷累計1億台を目指す(06/06/22)
  • 東芝、『ウェスティング・ハウス』を買収(06/01/26)
  • ソニー、「プレイステーション2」のACアダプターをリコール(05/09/24)