体操=世界選手権、女子団体は米国が1位通過・日本は決勝進出ならず

2006年10月19日 07時43分
 体操の第39回世界選手権第4日は17日、当地で女子の団体総合予選を行い、米国が243・325点で1位通過を果たした。

 中国が3・800点差の2位。3位は235・025点のウクライナ。4位はロシア。日本は12位に終わり、決勝進出はならなかった。

 このほか、アテネ五輪で優勝したルーマニア、オーストラリア、ブラジルとスペインが18日の決勝に駒を進めた。

 個人総合では2連覇を目指すチェルシー・メンメル(米国)が首位で通過した。

 [オーフス(デンマーク) 17日 ロイター]
関連キーワード
^