印刷版   

金融政策は日銀が適切に判断=大田経済財政担当相

 大田弘子経済財政担当相は3日午前の閣議後会見で、2日に発表された日銀短観を受け、追加利上げ観測が再浮上していることについて、「日銀が短観を踏まえ適切に判断される」と述べた。

 2日公表された日銀短観については「景況感の強さが確認された」とした。ただ、「先行き(業況判断)が若干下がっている」とし、景気の先行きについて「米国経済動向や、クリスマス商戦に向けてのIT(情報技術)生産動向などを注意深く見守っていきたい」と述べた。

 日銀短観では大企業・製造業の販売価格判断が上昇超に転じた。物価動向については、「エネルギー価格が上昇要因になっているので、これを注意深く見守る必要がある。ただ、原油価格は足元下落しており、これがどう影響してくるかみていく」と述べた。

[東京 3日 ロイター]

 (06/10/03 11:01)  





■関連文章
  • デフレ完全脱却に政府・日銀一体で取り組む=安倍首相(06/10/02)
  • 大企業製造業・業況判断DI+24、12月予測+21=9月日銀短観(06/10/02)
  • 金利調整はゆっくり進めていく=福井日銀総裁(06/09/22)
  • ポールソン米財務長官、中国に金融セクターの対外開放を促す(06/09/21)
  • 強いドルは非常に好ましい、ドルの価値は市場で決められるべき=米財務長官(06/09/09)
  • 外需減速で民間エコノミストは先行き懸念、強気の日銀とかい離(06/09/01)
  • ユーロ圏金融市場はECBの10月利上げを確実視(06/08/31)
  • 据え置き決定、追加利上げよりリスク低い=8月FOMC議事録(06/08/30)
  • 〔ロイター企業調査〕適切な日銀の利上げ時期、07年4─6月期が最多(06/08/17)
  • 中国が融資抑制を銀行に指導、工商銀と中国銀は対象外(06/08/10)
  • 国内出張航空運賃、約7年間で計7340万円の過払い=日銀(06/08/04)
  • 米地区連銀総裁ら、利上げ局面は終了間近と示唆(06/08/01)
  • ロイター調査:8月利上げの確率、ECB90%・FRB60%(06/07/26)
  • ゼロ金利解除は失敗する可能性=自民金融政策小委員長(06/07/26)
  • 役員の株取引など禁止、答申を踏襲して特則制定=日銀(06/07/21)