印刷版   

イラン、ウラン濃縮用の新たな遠心分離機を稼動=外交筋

 外交筋によると、イランは今月初めに核燃料濃縮施設で、ウラン濃縮に使う新たな遠心分離機164基を組み立て、回転試験を実施した。ただ、濃縮に使う六フッ化ウラン(UF6)ガスを注入する作業は行っておらず、遠心分離機を真空のまま稼動させ、耐久性を確認しているとみられる。

 国際原子力機関(IAEA)に近い外交筋は、イランが、核保有国となったことを示唆するような「工業規模」の能力を得るまでには依然として時間を要すると指摘。「新しいカスケードが今月初めに稼動したが、真空のままで耐久力をテストしているようだ」と語った。

 この新たな遠心分離機稼動について、イラン当局からのコメントは今のところ得られていない。ただ、同国のアハマディネジャド大統領は23日、イランが政治的圧力によって核開発から撤退すると西側諸国が考えるならば、それは間違いだと述べていた。

[ウィーン 23日 ロイター]

 (06/10/24 11:04)  





■関連文章
  • イランと北朝鮮の核開発は世界平和への脅威―独外相=雑誌(06/10/19)
  • 西側による制裁の脅し、「心理戦」の一種=イラン外務省(06/10/16)
  • 核開発の権利を放棄しない─ハメネイ師=イラン国営テレビ(06/10/11)
  • イラン、国際石油開発の権益削減で補償金支払う意向ない=石油相(06/10/10)
  • 国際石油、アザデガン油田権益が10%へ大幅低下=操業権も失う(06/10/08)
  • 日本はアザデガン油田権益の最大15%確保目指す=イラン(06/10/05)
  • イランとの核問題協議、まだ合意に至らず=ソラナEU上級代表(06/10/05)
  • イラン、現段階では核開発停止を示唆していない=米国務長官(06/10/03)
  • イラン、アザデガン油田めぐる日本との交渉を延長=国営メディア(06/10/02)
  • 日本が29日までにアザデガン油田開発決断しなければ自力開発=イラン(06/09/28)
  • イラン核問題解決に向けた交渉、米国抜きで開始の可能性=独誌(06/09/25)
  • イランで軍事パレード、副大統領が西側諸国に警告(06/09/24)
  • イランの核開発問題、EUとの交渉は正しい方向に進んでいる=イラン大統領(06/09/22)
  • ブッシュ大統領が国連総会で演説、イラン批判など展開(06/09/20)
  • イラン大統領が国連演説、安保理乱用と西側を非難(06/09/20)