印刷版   

10月14日、イラン外務省は、西側諸国がイランに対し制裁措置を講じるとする脅しは「心理戦」の一種だと指摘した。写真は、アハマディネジャド大統領。13日撮影(2006年 ロイター/Raheb Homavandi)

西側による制裁の脅し、「心理戦」の一種=イラン外務省

 イラン外務省は14日、同国の核開発をめぐる問題で、西側諸国がイランに対し制裁措置を講じるとする脅しは「心理戦」の一種だと指摘したうえで、平和的な核技術の開発を一層強化するとの考えを示した。

 ドイツのシュタインマイヤー外相がこの日、イランがウラン濃縮活動の停止に応じなければ、欧州連合(EU)の外相は17日の会合で国連安全保障理事会への制裁要請について合意したい構えだ、と語ったのを受けた発言。

 イラン外務省の報道官は、国営テレビのウェブサイトで「イランへの制裁問題は、イランに対する心理戦だ」と指摘。「イランは起こり得る制裁を恐れない。引き続き、核燃料の平和的利用に向け、一層開発を強化する」と語った。


 [テヘラン 14日 ロイター] 

 (06/10/16 10:52)  





■関連文章
  • 北朝鮮への国連制裁決議案をめぐる中国当局の策略(06/10/14)
  • 核開発の権利を放棄しない─ハメネイ師=イラン国営テレビ(06/10/11)
  • イラン、国際石油開発の権益削減で補償金支払う意向ない=石油相(06/10/10)
  • 国際石油、アザデガン油田権益が10%へ大幅低下=操業権も失う(06/10/08)
  • 日本はアザデガン油田権益の最大15%確保目指す=イラン(06/10/05)
  • イランとの核問題協議、まだ合意に至らず=ソラナEU上級代表(06/10/05)
  • イラン、現段階では核開発停止を示唆していない=米国務長官(06/10/03)
  • イラン、アザデガン油田めぐる日本との交渉を延長=国営メディア(06/10/02)
  • 日本が29日までにアザデガン油田開発決断しなければ自力開発=イラン(06/09/28)
  • イラン核問題解決に向けた交渉、米国抜きで開始の可能性=独誌(06/09/25)
  • イランで軍事パレード、副大統領が西側諸国に警告(06/09/24)
  • イランの核開発問題、EUとの交渉は正しい方向に進んでいる=イラン大統領(06/09/22)
  • ブッシュ大統領が国連総会で演説、イラン批判など展開(06/09/20)
  • イラン大統領が国連演説、安保理乱用と西側を非難(06/09/20)
  • イランが核問題引き延ばすなら安保理制裁を検討=ブッシュ米大統領(06/09/20)