THE EPOCH TIMES

遼寧省丹東市30数体の死体遺棄事件:大紀元調査員が現地取材、深まる謎

2006年11月21日 09時04分

 【大紀元日本 2006年11月21日】中国東北部の遼寧省丹東市の近郊で今年5月中旬、農家の庭から30数体の遺体が発見された。このことが公にされた後、中国メディアは一斉に死体は合法な人体標本の加工に使われるものと伝えた。また、現地政府が本件の情報を封鎖、村民に対し、現地に行き、真相調査する者、特に法輪功学習者を監視し検挙するよう命じ、法輪功学習者を通報した場合、1万元の奨励金を支払うと約束した。一方、大紀元の特別調査員が現地で調査を行った結果、村民から様々な証言が得られ、この農家の庭で、大量の出所不明の死体を処理していたとの疑いがもたれている。

 5月18日、丹東市楼房鎮小孤山7組の村民らは、村内のある農家の庭で、30数体の死体を発見した。死体はほとんど中年以下のもので、子供も含まれていたという。村民らはすぐに現地の公安局に通報した。現地警察が現場を封鎖した。この情報がウェブサイトで公開された2日後に、中国国内のメディアは、死体は海外に輸出する人体標本を加工するためのものと口をそろえて報道、その後、本件に関する報道は途絶えた。

 一方、大紀元は現地に特別調査員を派遣し、独自の調査を行った。死体が発見された小孤山7組は辺鄙な山奥に位置、現場となる農家の庭は約2千平方メートルの広さで、所有者は40代の女性に建物と庭を貸し出していた。村にはわずか20数世帯しかない。現地政府は本件に関する情報を厳しく封鎖し、村民に対し、外部からやってきた調査者を監視し通報するよう命じた。また、中国国内で生きている法輪功学習者の臓器を強制摘出する告発が出されているため、現地調査に訪れる法輪功学習者もいるもよう。それについて、現地の「610オフィス」(注:法輪功への集団迫害を実行するために、全国各地で設立したゲシュタボのような組織)は、法輪功学習者一人を検挙する度に、賞金1万元を支給すると公布した。そのため、調査はきわめて困難な状況の中で行われた。また、情報提供者の安全を考慮するため、関係者の名前は伏せてある。
 

村民から集められた情報や証言の概要は次の通り

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^