印刷版   


ニコール・キッドマン、ハリウッドで最も稼げる女優に

 ハリウッドの出演料ランキングの女優部門で、ニコール・キッドマン(39)が5年ぶりに首位に返り咲いた。同ランキングを集計する業界紙「ハリウッド・リポーター」が29日発表した。

 キッドマンの現在の映画1本当たりの出演料は、推定で1600―1700万ドル(約18億6000万─19億7500万円)だが、過去にジュリア・ロバーツが主演作「エリン・ブロコビッチ」で記録した2000万ドルには届いていない。

 ハワイ生まれ、オーストラリア育ちのキッドマンは、最新主演作「Fur(原題)」で写真家を演じている。

 2位以下は、いずれも出演料1500万ドルで、リース・ウィザースプーン、レニー・ゼルウィガー、ドリュー・バリモア、キャメロン・ディアスの4人がランクインした。

 [ロサンゼルス 29日 ロイター]

 (06/11/30 18:00)  





■関連文章
  • 映画界のセレブが「ハリウッド賞」授賞式に勢ぞろい(06/10/25)
  • T・クルーズ契約解消、ハリウッドの転換期との見方も(06/08/24)
  • 日系米国人俳優のマコ岩松さん死去、72歳(06/07/26)
  • ベネズエラのチャベス大統領、ハリウッドに対抗し映画制作施設を開設(06/06/04)
  • 映画「スーパーマン・リターンズ」、公開初日が2日早まる(06/06/01)
  • 「SAYURI」は中国国内で上映中止、反日感情に配慮(06/01/26)
  • アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット、ハイチ訪問(06/01/17)
  • 写真報道: 女優チャン・ツィイー、ハリウッドのパーティーに出席(05/07/23)
  • チェ・ジウが記者会見でトレジャー・ボックスの製作を発表 (写真)(05/05/12)