印刷版   

アルカイダのイエメン支部、9月の石油施設攻撃で犯行声明

 アルカイダのイエメン支部とされる組織が、9月15日に同国の石油施設で発生した攻撃未遂事件について、犯行声明を発表し、米国のほか米国の同盟国にも今後攻撃を行うと表明した。

 同組織は、イスラム過激派が頻繁に利用するウェブサイトに声明を掲載し、「米国人と同盟者であるキリスト教徒、および背教的支援者は、これらの攻撃が始まりでしかなく、今後の攻撃がさらに厳しいものになることを覚悟せよ」としている。

 この声明の信ぴょう性は確認されていない。

 アルカイダのイエメン支部が声明を発表するのはこれが初めてとみられている。日付はラマダン20日(10月13日)となっている。

 [ドバイ 7日 ロイター]

 (06/11/08 13:48)  





■関連文章
  • OPEC、必要なら12月に追加措置をとる=サウジ石油相(06/11/07)
  • イラン、OPEC減産合意の履行を確認(06/11/01)
  • パキスタン軍、アルカイダ関連施設を空爆(06/10/30)
  • イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相(06/10/28)
  • 米英など同盟軍、サウジ石油施設への攻撃に備え海上警備を展開(06/10/28)
  • 米指揮官:イラクへ治安維持権限を移譲、18ヶ月内撤退可能(06/10/25)
  • 日本政府、イラク製油所改良に20億7900万円の円借款供与(06/10/24)
  • 中共当局:チェチェン共和国の再建へ、3億米ドルを投資(06/10/23)
  • サウジアラビア、日本の製油会社に供給削減を通告=業界筋(06/10/23)
  • OPECの減産決定、時期的に非常に悪い=IEA事務局長(06/10/21)
  • アルカイダが組織力強化、英国を最大の攻撃目標に=英紙(06/10/19)
  • イラン、国際石油開発の権益削減で補償金支払う意向ない=石油相(06/10/10)
  • メキシコ湾:新油田、深度世界一(06/10/10)
  • OPEC、在庫次第で12月14日の総会で減産幅を拡大する可能性=関係筋(06/10/06)
  • イラクのアルカイダ組織の新指導者が死亡=TV(06/10/05)