印刷版   

ドル保有者はリスクに直面している=中国人民銀行副総裁

 中国人民銀行(中央銀行)の呉暁霊副総裁は24日、東アジアのドル保有者は、長期金利低下とドル安のリスクに直面していると述べた。マーケット・ニュース・インターナショナル(MNI)が伝えた。

 MNIによると、同副総裁は当地で開かれた会議で、ドルの保有者は2つの問題に直面していると指摘、「第1に、長期金利が低下している(債券投資のリターンの減少を意味)。第2に、主要な準備通貨であるドルの為替レートが低下しつつあり、東アジアの準備資産の価値の下落リスクが拡大している」と述べた。

 同副総裁はまた人民元について、中国企業には調整のための時間が必要であり、中国は性急に改革を進めるべきでないとの見解を示した。

[北京 24日 ロイター]

 (06/11/25 11:48)  





■関連文章
  • 中国の外貨準備、原油戦略備蓄などに分散すべき=国家情報センター(06/11/13)
  • 中国の為替改革への漸進的な取り組み、国内経済保護が目的=人民銀総裁(06/11/13)
  • 中国、外貨を売る新たな計画はない=人民銀行総裁(06/11/13)
  • 香港の外貨準備高1312億ドルに増加(06/11/08)
  • 中国の外貨準備が1兆ドルに到達=国営テレビ(06/11/07)
  • 中国が預金準備率を0.5%引き上げ、今年3回目(06/11/04)
  • 中国は金利自由化と人民元制度の改善を推進=人民銀行(06/10/30)
  • 中国人民銀行、公開市場操作をさらに強化する可能性=新聞(06/10/11)
  • 中国の金融引き締め策、流動性拡大の懸念が足かせ=中銀副局長(06/09/13)
  • 外貨準備の増大、新興国経済のリスクとなる可能性=BIS報告(06/09/11)
  • 中国、外貨準備の伸び抑制へ=曽慶紅・国家副主席(06/09/05)
  • 7月末の中国外貨準備は9545億ドル=国家副主席(06/09/05)
  • ドル資産売却すれば中国自身に打撃=全人代副委員長(06/09/04)
  • 中国人民元が上昇、切り上げ以来初めて7.97元を上回る元高に(06/07/31)
  • 中国人民銀、人民元の上昇余地に関する中国紙報道を強く批判(06/07/31)