印刷版   

イラン、ウラン濃縮を続けるなら「経済的に孤立」=米大統領

 ブッシュ米大統領は13日、イスラエルのオルメルト首相との会談後に記者団に対し、イランがウラン濃縮を続けるなら「経済的に孤立することになる」との立場を示した。

 イランへの制裁に賛同するかとの質問に対し、同大統領は「(ウラン濃縮を)進めることを選ぶならば孤立するということを、世界が一致してイランに知らしめることが、非常に重要だ」と指摘。さらに「孤立の1つの形は経済的なものだ。非妥協的態度には結果が伴う」と述べた。

 同大統領は、イランが「世界平和に対する脅威」と強調、イランは核への野心を捨てなければならないとの見解をあらためて示した。オルメルト首相も、イスラエルへのイランの脅威について、懸念を表明した。

[ワシントン 13日 ロイター]

 (06/11/14 09:28)  





■関連文章
  • 米政府、イランとヒズボラを「テロの連鎖」と非難(06/11/13)
  • イラン、原子炉への技術支援をIAEAに要請へ(06/11/10)
  • イラン、ミサイルシステムを友好国と共有する用意=革命防衛隊司令官(06/11/07)
  • 米政府、シリアとイランなどが「レバノン政府転覆を画策」と非難(06/11/02)
  • イラン、OPEC減産合意の履行を確認(06/11/01)
  • NPTの枠組みのなかで核の研究開発を進める=イラン外務省(06/10/30)
  • イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相(06/10/28)
  • 再送:イランが2基目のウラン濃縮装置を設置、今週中にウラン注入へ=通信社(06/10/26)
  • イランの核兵器開発、2015年頃になると予測=独情報当局(06/10/25)
  • イラン、ウラン濃縮用の新たな遠心分離機を稼動=外交筋(06/10/24)
  • イランと北朝鮮の核開発は世界平和への脅威―独外相=雑誌(06/10/19)
  • 米中間選挙まで3週間、「10月サプライズ」はあるか(06/10/18)
  • 西側による制裁の脅し、「心理戦」の一種=イラン外務省(06/10/16)
  • 核開発の権利を放棄しない─ハメネイ師=イラン国営テレビ(06/10/11)
  • イラン、国際石油開発の権益削減で補償金支払う意向ない=石油相(06/10/10)