印刷版   


中国の急成長めぐる問題は是正方向=人民銀行副総裁

 中国人民銀行(中央銀行)の蘇寧・副総裁は23日、金融に関する会議で講演し、中国の過度に急速な経済成長の問題は是正されつつあるが、巨額の国際収支黒字は依然として同国の金融政策の重しとなっているとの認識を示した。また、人民元の柔軟化は進んでいると主張した。

 同副総裁は「現在、経済に関する未解決の問題は落ち着いてきている」とし、「投資と鉱工業生産は減速し、マネーや信用の伸びは徐々に鈍化している。急速過ぎる経済成長はとりあえずはコントロールされつつある」と述べた。

 また「市場が果たす役割が徐々に表面化しつつあり、為替システムの柔軟性は増している」とも語った。

 [北京 23日 ロイター]

 (06/11/23 22:42)  





■関連文章
  • G20、人民元やエネルギー・世界経済情勢を議論へ(06/11/17)
  • 中国の為替改革への漸進的な取り組み、国内経済保護が目的=人民銀総裁(06/11/13)
  • 中国、外貨を売る新たな計画はない=人民銀行総裁(06/11/13)
  • 中国が預金準備率を0.5%引き上げ、今年3回目(06/11/04)
  • 中国は金利自由化と人民元制度の改善を推進=人民銀行(06/10/30)
  • 07年の中国成長率は10%下回る見通し=国家発展改革委(06/10/25)
  • ソフトバンク新料金、早期追加利上げに逆風との見方も(06/10/24)
  • 人民元の対ドル基準値は7.8995元、切り上げ後の最高値=中国人民銀行(06/10/20)
  • 中国、来年元の柔軟性拡大の可能性=独政府筋(06/10/19)
  • 人民元上昇ペース、年2─3%が良い=中国政府シンクタンク所長(06/10/16)
  • 中国人民銀行、公開市場操作をさらに強化する可能性=新聞(06/10/11)
  • 金融政策は日銀が適切に判断=大田経済財政担当相(06/10/03)
  • 中国当局、外為監視体制を強化(06/09/30)
  • 人民元の対ドル基準値は7.9150元、切り上げ後の最高値=中国人民銀行(06/09/26)
  • 金利調整はゆっくり進めていく=福井日銀総裁(06/09/22)