印刷版   


イラン大統領、イラク治安回復で全面支援を表明

 イランのアハマディネジャド大統領は27日、同国はイラクの治安回復のため全面的に支援すると表明した。イラクのタラバニ大統領の訪問開始に当たり述べた。

 イラクでは23日、爆弾攻撃で約200人のシーア派イスラム教徒が死亡する事件が起き、外出禁止令が発令されていたため、タラバニ大統領の訪問は2日間延期されていた。

 イラン国営通信によると、アハマディネジャド大統領は「イランの国民と政府は、兄弟であるイラクとともにある。イラクの治安回復のため、あらゆる支援を提供する。あらゆる分野で協力を惜しまない」と語った。

 [テヘラン 27日 ロイター]

 (06/11/28 14:53)  





■関連文章
  • 米イラク首脳会談、イランとの協議検討へ=米政府(06/11/28)
  • イラク北部の自爆攻撃で22人死亡、首都でも202人(06/11/25)
  • バグダッドの連続爆発で160人死亡、市内に外出禁止令(06/11/24)
  • 英軍、バスラの治安権限は来春にも移譲可能=外相(06/11/23)
  • ブッシュ米大統領、29─30日にヨルダンでイラクのマリキ首相と会談(06/11/22)
  • シリアとイラクが国交完全回復で合意、26年ぶり(06/11/22)
  • イラク大統領が今週末にイラン訪問、アハマディネジャド大統領と会談(06/11/21)
  • EU、イラン核施設への技術協力要請を却下するようIAEAに求める(06/11/21)
  • イラク政府、今週中にシリアとの国交正常化(06/11/21)
  • イランの細菌兵器保有や北朝鮮の開発能力を懸念=BWC米代表(06/11/21)
  • 米中経済安全調査検討委員会、年度報告書発表、米政府に対中強硬姿勢求める(06/11/20)
  • 米中首脳会談、貿易や北朝鮮・イラン問題で協力求める(06/11/19)
  • イラク高等教育省から拉致の人質、大半が解放(06/11/15)
  • イラン、ウラン濃縮を続けるなら「経済的に孤立」=米大統領(06/11/14)
  • イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官(06/11/13)