印刷版   

米研究者、爆発物探知にミツバチを訓練

 米ロスアラモス国立研究所の研究者は27日、ミツバチを訓練して爆発物を嗅ぎ分けさせることに成功した、と発表した。米国の国内安全保障やイラク戦争など広範囲にわたって採用できるプロジェクトだとしている。

 自動車爆弾や道路沿いに仕掛けられた爆弾、爆弾を搭載した身体に巻きつけるベルトに至るまで、自爆犯が使うような爆発物を嗅いだ場合にミツバチが吻(ふん、花の蜜を吸う際に伸ばす長い口のようなもの)を伸ばすよう訓練したという。

 砂糖水を餌にして、ミツバチを爆発物の臭いにさらすことで、ダイナマイトからC─4プラスチック爆弾、イラクで使われるような簡易爆発物の原材料などを嗅ぎ分けられるようにした。

 将来的に、ミツバチを靴箱サイズの携帯型探知機に入れ、空港や道路沿いの検問所などで活用する構想だという。

[フェニックス 27日 ロイター]

 (06/11/29 07:51)  





■関連文章
  • 韓国大統領が内閣改造、安全保障関係閣僚を全面的に刷新(06/11/02)
  • ハドソン研究所首席研究員・日高義樹氏「米中冷戦が始まった」(06/10/19)
  • 米国土安全保障省、民間航空機の警戒水準を「オレンジ」に引き上げ(06/08/10)
  • 北朝鮮はあらゆる戦争抑止力を強化、安保理決議には拘束されず=KCNA(06/07/17)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 米国防長官、アジアの安全保障協力強化を歓迎(06/06/04)
  • 大紀元時報ワシントン支社長、断食リレーに参加、中共の暴挙を非難(06/02/11)
  • ヒューマン・ライツ・ウォッチ、スーダン大統領のダフール紛争処置について調査要求(05/12/13)
  • 国際選挙監視団、カザフスタン大統領選挙に異議(05/12/07)
  • 国連職員不正疑惑、調査報告を発表(05/09/12)
  • 中国の米ユノカル社買収、米公聴会で強い反発(05/07/15)
  • 米国国土安全保障省:公共交通機関の攻撃は除外できない(05/07/11)