印刷版   

中国銀行業監督管理委、不良債権が再び増加するリスクを懸念

 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の唐双寧・副委員長は24日、依然として効果的な予防措置を講じていないことから、国内の商業銀行で不良債権が再び増加する可能性を排除できないとの懸念を示した。

 同副委員長は、国内の銀行が不良債権につながった業務のやり方を変えていないと指摘。銀監会のウェブサイトに掲載された講演原稿で「不良債権の再発圧力は大きい」と述べ、最近懸念を示した多数の当局者やエコノミストと同様の考えを示した。

 副委員長は、中国が金利や為替相場制度の改革で、一段と市場原理に基づく経済へと移行しているが、それにより商業銀行にとって新たなリスクが生じたと述べた。それ以上には言及していない。

[北京 24日 ロイター]

 (06/11/25 16:30)  





■関連文章
  • 中国の銀行改革、リスク対策が重要課題=監督管理委員長(06/09/05)
  • 増加を続ける三峡ダム地区の不良債権 産業は空洞化(06/07/14)
  • 温家宝、金融危機に警鐘(06/06/18)
  • 中国銀行、資金調達のため、香港株式市場に上場、(06/05/20)
  • 国際会計事務所、中国国有銀行の不良債権統計に手を焼く(06/05/17)
  • 米国務副長官:中共が抱える問題は山積み(06/05/12)
  • 9000億ドルに迫る中国の不良債権額 外貨準備高を超える(06/05/04)
  • 多額の不良債権を抱える中国国有銀行、外国資本を大量導入(06/03/08)
  • 郵政民営化法案が成立、首相「国民のおかげ」(05/10/16)
  • 中国建設銀行、香港上場予定 専門家ら投資家に警鐘(05/10/14)
  • 中国四大銀行、支店長ら42人海外に集団逃亡(05/10/13)
  • 米議会議員、中国投資の潜在的危険性を警告(05/08/30)
  • 中国、不良債権問題で銀行の人事にメス(05/07/29)
  • 中国株式市場は経済と逆行する謬説(05/07/05)
  • 中国交通銀行が香港で上場を先行(05/06/20)