印刷版   

米上院、米国とインドの核協力容認する法案を可決

 米上院は16日、インドが米国から核燃料、原子炉、核関連技術を輸入することを可能にする法案を可決した。およそ30年ぶりに、米国とインドの核分野での協力を推し進める上で大きなステップとなった。

 同法案は85対12で可決された。これより先、インド政府にイランとの軍事協力停止を求めることなどを盛り込んだ一連の修正案が出されていたが、59対38で否決された。

 同法案が法律として施行されるには、米本会議や国際原子力機関(IAEA)、原子力供給国グループ(NSG)による承認が必要。

 [ワシントン 16日 ロイター]

 (06/11/17 16:30)  





■関連文章
  • 体重オーバーでの搭乗禁止は不当、インドの客室乗務員が訴え(06/11/16)
  • インドでラクダ乳のアイスクリーム、糖尿病への効果も期待(06/11/14)
  • イラン、原子炉への技術支援をIAEAに要請へ(06/11/10)
  • 鳥インフルエンザ「福建型ウイルス」、対応ワクチン開発急務(06/11/10)
  • 米国:アフリカ、アジアからの帰国旅行者にチクングニヤ熱(06/10/03)
  • インドネシア:鳥インフルエンザ、人から人への感染発生か(06/09/29)
  • 日本インド経済連携協定、締結に向け進展=インド商工相(06/09/26)
  • IAEA、イランめぐる米下院委員会報告に誤りあると抗議書簡(06/09/15)
  • インドの港建設プロジェクト、中国企業の投資を拒否=インド政府(06/09/09)
  • インド自動車セクター、2016年までに年間売上高1450億ドルに(06/09/07)
  • インド、モンスーンで150万人が家屋失う(06/09/03)
  • インド、今後20年間に航空機856機必要に=ボーイング予想(06/08/29)
  • 甘くなった海水、ミルクを飲む神々の像=インドの奇跡(06/08/25)
  • トヨタ・キルロスカ、2015年までにインド市場シェア15%目指す(06/08/22)
  • 鳥インフルエンザ:インドネシアで46人目の死者、人-人感染か(06/08/21)