印刷版   

イラン、OPEC減産合意の履行を確認

 イラン国営石油会社(NIOC)幹部は1日、石油輸出国機構(OPEC)の減産合意に従い、同国が日量17万6000バレルの減産を実施することを確認した。

 国営イラン通信が伝えた。

 ただ、輸出削減量は日量約12万バレルにとどまる。残り約5万5000バレルは、国内製油所向けの供給を削減する。

 OPECは、11月1日から日量120万バレルの減産を実施することで合意していた。イランに割り当てられた減産量は日量17万6000バレルだった。

 [テヘラン 1日 ロイター]

 (06/11/01 22:40)  





■関連文章
  • 金が7週間ぶり高値、原油は59ドル割れ=30日の米商品市況(06/10/31)
  • NPTの枠組みのなかで核の研究開発を進める=イラン外務省(06/10/30)
  • イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相(06/10/28)
  • 再送:イランが2基目のウラン濃縮装置を設置、今週中にウラン注入へ=通信社(06/10/26)
  • イランの核兵器開発、2015年頃になると予測=独情報当局(06/10/25)
  • イラン、ウラン濃縮用の新たな遠心分離機を稼動=外交筋(06/10/24)
  • OPEC減産、需要低下につながる可能性ある=米大統領(06/10/24)
  • サウジアラビア、日本の製油会社に供給削減を通告=業界筋(06/10/23)
  • OPECの減産決定、時期的に非常に悪い=IEA事務局長(06/10/21)
  • 米原油先物が59ドル台に上昇、OPEC追加減産観測で=時間外取引(06/10/20)
  • OPEC、日量120万バレルの減産で合意=OPEC代表筋(06/10/20)
  • イランと北朝鮮の核開発は世界平和への脅威―独外相=雑誌(06/10/19)
  • 西側による制裁の脅し、「心理戦」の一種=イラン外務省(06/10/16)
  • OPECが19日に会合、減産を協議へ(06/10/16)
  • 核開発の権利を放棄しない─ハメネイ師=イラン国営テレビ(06/10/11)