印刷版   

11月10日、中国人民銀行の周小川総裁は、中国が国内経済へのリスクを最小限に抑えるため、為替制度改革への漸進的な取り組みを維持していると述べた。代表撮影(2006年 ロイター)

中国の為替改革への漸進的な取り組み、国内経済保護が目的=人民銀総裁

 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は10日、中国が国内経済へのリスクを最小限に抑えるため、為替制度改革への漸進的な取り組みを維持していると述べた。フランクフルトで開催中の金融政策会合での討論会で語った。

 周総裁は、為替政策のかなりの部分が国内労働者の失業を避けることを目的としていると指摘。「為替レートの改革への取り組みに段階的な方法をとっているのは、中国が通商関連セクターに非常に多くの労働者を抱えているためだ」とし、「われわれはこの点を考慮する必要がある。企業の事業閉鎖や破産、労働者のレイオフが大規模に、あるいは突然起こる事態を避けなければならない」と述べた。

 「中国は国際収支を調整する一方で、国内経済を良好な状態に保つよう努めている」とも語った。

[フランクフルト 10日 ロイター] 

 (06/11/13 08:49)  





■関連文章
  • 中国、外貨を売る新たな計画はない=人民銀行総裁(06/11/13)
  • 中国が預金準備率を0.5%引き上げ、今年3回目(06/11/04)
  • 中国は金利自由化と人民元制度の改善を推進=人民銀行(06/10/30)
  • 中国団体抗議活動急増、平均一日241件=昨年(06/10/12)
  • 中国人民銀行、公開市場操作をさらに強化する可能性=新聞(06/10/11)
  • 中国の金融引き締め策、流動性拡大の懸念が足かせ=中銀副局長(06/09/13)
  • 中国人民元が上昇、切り上げ以来初めて7.97元を上回る元高に(06/07/31)
  • 中国人民銀、人民元の上昇余地に関する中国紙報道を強く批判(06/07/31)
  • 中国人民銀行、8月15日から預金準備率を0.5%ポイント引き上げ(06/07/22)
  • 中国 “経済過熱”の冷却を開始(06/05/09)
  • 中国人民銀行、米国による通貨改革要求を拒否(06/02/25)
  • 人民元切り上げ、世界の市場反応(05/07/23)