印刷版   

11月20日、ロンドン証券取引所(LSE)、米ナスダックの買収提案を拒否。写真はLSEのクララ・ファース最高経営責任者。2001年1月撮影(2006年 ロイター/Yiorgos Karahalis)

ロンドン証取、米ナスダックの買収提案を拒否

 ロンドン証券取引所(LSE)(LSE.L: 株価, 企業情報, レポート) は20日、米証券取引所運営会社ナスダック・ストック・マーケット(NDAQ.O: 株価, 企業情報, レポート)の総額27億ポンド(約51億ドル)の買収提案を拒否したことを明らかにした。

 LSEのクララ・ファース最高経営責任者(CEO)は声明で「ナスダックの最終提案はLSEグループの世界的にユニークな立場はもちろん、突出した成長記録および自力ベースでの業績見通しを認識した内容ではない」と述べた。

 一方、ナスダック・ストック・マーケットのボブ・グレイフェルドCEOは、この日2回目のアナリストとの電話会見で、LSEの取締役会と買収提案について協議する機会が得られるだろうと述べ、楽観的な姿勢を示した。

[ロンドン/ニューヨーク 20日 ロイター]

 (06/11/21 08:19)  





■関連文章
  • NYSE、ユーロネクスト買収提示額引き上げを示唆(06/11/01)
  • 北越製紙600円割れも、業界の魅力低下の声=王子TOB断念で(06/08/30)
  • 北越の株主価値向上策は説明不足、王子の「正攻法」に限界との指摘も(06/08/10)
  • 海外企業の中国企業買収、商務省が規定案を公表=新聞(06/08/08)