印刷版   

中国、外貨を売る新たな計画はない=人民銀行総裁

 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は10日、中国が外貨準備から通貨を売る新たな計画はないとの認識を示した。

 米ドルを売る計画があるかとの質問に対し「どの通貨についても売るための新たな準備はない」と述べた。欧州中央銀行(ECB)主催の会議に出席するため訪問中のフランクフルトで話した。

[フランクフルト 10日 ロイター]

 (06/11/13 08:08)  





■関連文章
  • 香港の外貨準備高1312億ドルに増加(06/11/08)
  • 中国の外貨準備が1兆ドルに到達=国営テレビ(06/11/07)
  • 中国が預金準備率を0.5%引き上げ、今年3回目(06/11/04)
  • 中国は金利自由化と人民元制度の改善を推進=人民銀行(06/10/30)
  • 中国人民銀行、公開市場操作をさらに強化する可能性=新聞(06/10/11)
  • ECBが0.25%利上げ、物価動向を「非常に注意深く監視」(06/10/06)
  • 中国の金融引き締め策、流動性拡大の懸念が足かせ=中銀副局長(06/09/13)
  • 外貨準備の増大、新興国経済のリスクとなる可能性=BIS報告(06/09/11)
  • 中国、外貨準備の伸び抑制へ=曽慶紅・国家副主席(06/09/05)
  • 7月末の中国外貨準備は9545億ドル=国家副主席(06/09/05)
  • ドル資産売却すれば中国自身に打撃=全人代副委員長(06/09/04)
  • 中国人民元が上昇、切り上げ以来初めて7.97元を上回る元高に(06/07/31)
  • 中国人民銀、人民元の上昇余地に関する中国紙報道を強く批判(06/07/31)
  • 中国人民銀行、8月15日から預金準備率を0.5%ポイント引き上げ(06/07/22)
  • ECB、急な追加利上げの準備も=ルクセンブルク中銀総裁(06/06/14)