印刷版   

香港経済短信 11月1日

 【大紀元日本11月2日】

 ○香港株史上最高値 終値18,453

 水曜の香港株はHSBCに吊られる形で130ポイント上げ史上最高値を更新

 ブルーチップ銘柄も全般に買われHSBCは終値148.71.29%上げで新高値。中移動は64.35迄上げて新高値となったが終値は63.55,上げ0.55%。上げ幅最大のブルーチップ銘柄は富士康で,一度は27となり,上場以来の新高値,終値26.75,上げ3.48%。ハンセン指数終値18,453.65,上げ129.3或いは0.71%,値動き18,376.39 - 18,494.95,出来高387億香港ドル。

 ○新地2.7億シンガポールドル割引債発行

 新地(0016)は2.7億シンガポールドル建て三年もの固定金利割引債を発行,表面利率3.69%,HSBCは主幹事。この債券はMoodyおよびS&PからA1及びAの評価を得ている。集めた資金は通常業務向けという。

 ○商務部は尚國美の永樂買収認可は未決定

 上海證券報報道によると,商務部は國美電器(0493) の永樂電器(0503)買収提案に対して先週金曜に聴聞を行ったが,まだ決定は下されていない。商務部は先月実施した規定に基づいて,アンチトラスト審査を行った。聴聞会に基づき商務部は小売業界での影響を審査。國美及び永樂は7月25日に合併協議で合意しており、合併後,永樂は國美の100%子会社になり,香港の上場規則によって上場廃止となる。

 (06/11/02 08:56)