印刷版   

10月31日、中国外務省は、北朝鮮の核開発問題をめぐる6カ国協議を近いうちに都合のいい時期に再開することを確認した。写真は中朝国境地帯の北朝鮮の兵士。25日撮影(2006年 ロイター/ Nir Elias)

中国外務省、北朝鮮核開発めぐる6カ国協議を近く開催すると確認

中国外務省は31日、北朝鮮の核開発問題をめぐる6カ国協議を、近いうちに都合のいい時期に再開することを確認した。ウェブサイトで明らかにした。

 中国、北朝鮮、米国が、北京で開かれた非公式会合で開催に合意したという。
[北京 31日 ロイター]
 

 (06/11/01 06:07)  





■関連文章
  • 北朝鮮の6カ国協議復帰、制裁終わらせるには不十分=駐日米大使(06/10/16)
  • 6カ国協議の難航、米国が原因=北朝鮮外務次官(06/09/27)
  • ヒル国務次官補来日、北朝鮮核問題解決を促す(06/09/06)
  • 6カ国協議、北朝鮮復帰の兆候なし=ヒル米国務次官補(06/09/05)
  • ASEANでの北朝鮮めぐる6カ国協議実現ない見通し米国務長官(06/07/27)
  • 元北朝鮮幹部:北朝鮮はすでに「脳死状態」に陥った(06/07/24)
  • 北朝鮮:ミサイル発射で、中共を窮地に(06/07/09)
  • 林保華:北朝鮮の後ろ盾・中共を摘発すべき(06/07/06)
  • 中共は米国に対抗、北朝鮮を境界要塞に(06/01/24)
  • 中国、金総書記の訪中を公表(06/01/19)
  • 第5回6カ国協議、膠着状態で閉幕(05/11/13)
  • 亡命高官、北朝鮮の人権問題を痛烈に批判(05/08/16)
  • 第4回6カ国協議:米国、北朝鮮の主権認める(05/07/26)