印刷版   

消費税率引き上げ議論、早くて08年通常国会に=自民党税調会長

 自民党税制調査会の津島雄二会長は17日、出演したNHKとフジテレビのテレビ番組で、消費税率の引き上げについての議論が行われるのは、早くても2008年の通常国会になるとの認識を示す一方、国民の合意で形成されるべきと考えを述べた。

 与党税制改正大綱で、消費税率の引き上げに関して、来年秋以降、早期に本格的かつ具体的な議論を行うとしていることについて津島会長は「早くても再来年の通常国会で行われるだろう」としたうえで「最初にありきではない。党派を超えた議論が必要で、消費税率の引き上げは、あくまでも国民合意を形成して行うべきだ」と語った。

 また、定率減税の全廃(約1兆7000億円=NHK調べ)について批判が多いことに津島会長は「全廃で負担が増える一方で、(給付する)年金は年間1兆5000億円のペースで増加している。一部分だけを見ないで、全体のバランスを考えるべきだ」との見方を示した。

 他方、証券税制の優遇税制1年延長に関して津島会長は「世界の証券市場が大きく動く中、本則に戻すことだけでいいのかという心配がある。優遇税制廃止まで2年くらいあるので、それまでに何をすれば良いか考えたい」と述べた。

[東京 17日 ロイター]

 (06/12/18 08:26)  





■関連文章
  • 法人税下げは来年度以降の議論=自民政調会長(06/12/11)
  • 消費税は抜本税制改革のなかで議論、上げありきではない─安倍首相=官邸筋(06/11/02)
  • 郵政造反議員との協力、幹事長に検討を指示=安倍首相(06/10/24)
  • 衆院補選で自民2勝、安倍首相の政権運営に追い風(06/10/23)
  • 経団連、三角合併の要件厳格化や研究開発減税を自民党に要望(06/10/13)
  • 消費税は全体の税制改革の中で議論=安倍首相(06/10/02)
  • 自民党幹事長に中川秀直氏、政調会長に中川昭一氏(06/09/25)
  • 試される安倍氏の手腕、財務省内には減税先行に懸念も(06/09/21)
  • 安倍氏を新総裁に選出、464票獲得し圧勝=自民総裁選(06/09/20)
  • 消費税、基礎年金国庫負担上げ財源としての位置づけを検討=政府税調会長(06/09/12)
  • 自民総裁選、自分の1票は安倍氏に入れる=小泉首相(06/09/10)
  • 自民総裁選で街頭第一声、安倍氏ら3候補が支持訴える(06/09/10)
  • 自民党総裁選告示で3氏が届出、本命・安倍氏の政策の中身が焦点(06/09/08)
  • 自民合同会議が貸金業法改正を議論(06/09/07)
  • 「安倍新政権」で柳沢氏重用の思惑、与謝野氏の後任との声も(06/09/01)