印刷版   


カレーの出前、配達先は1万5000キロのかなた

 オーストラリアのパースで行われているクリケットの国際試合、イングランド対オーストラリア戦を観戦している英国人のグループが、試合会場から約1万5000キロ離れたレストランにカレーの配達を注文した。地元英国でお気に入りだったレストランの味を我慢できなくなったのだという。

 注文を受けた英国西部バスにあるレストラン「ボンベイ・ナイツ」の経営者、ナシル ・アブドゥルさんは「最初は驚いて誰かがからかっていると思ったのですが、すぐに本気だということが分かったのです」と述べた。

 また「彼らは当レストランのロンドン支店のお客様で、そこのシェフの料理を楽しんでいたようですが、そのシェフが今はバスで働いていると聞いて我々に電話をしてきたようです」と説明した。

 アブドゥルさんらは「子羊肉のティッカ・マサラ」など6品を携え、今月11日にパースに飛ぶ予定。通常は140ポンド(約3万2000円)前後の料理だが、今回は1500ポンド(約34万円)になるという。

 アブドゥルさんは、検査が厳しいことで知られるオーストラリアの検疫当局にカレーが没収されないことを願っている。

 [ロンドン 8日 ロイター]

 (06/12/10 16:08)  





■関連文章
  • 氷の巨大クリスマスツリー、オーストリアに登場(06/12/08)
  • オーストラリアとニュージーランド、ついに合併の動き?(06/12/06)
  • 【家庭料理】きのこたっぷりスピード・カレー(06/11/18)
  • 馬より目立つ?=豪メルボルン杯(06/11/08)
  • 英国LSEシンポジウム:深刻な中国の人権問題、国際社会の支援重要(06/11/04)
  • 豪インフレは緩和の見通し、干ばつ影響が不透明要因=財務相(06/10/25)
  • 【家庭料理】カレー風味のビーフン炒め(06/09/04)
  • 私は中共に騙された=欧州議会副議長(06/09/01)
  • オーストラリア政府、パキスタンでテロ攻撃の可能性があると警告(06/08/22)
  • パイナップル、ガン制圧に新たな望み(06/06/21)
  • サッカー=ジーコ監督、「我々は厳しい状況に立たされている」(06/06/13)
  • オーストラリアの出生数増加、92年以来のベビーブーム(06/06/02)
  • 国連、東ティモール騒乱に国際支援を要請(06/05/29)
  • 中国の有名知識人、中共文化の海外輸出を語る(06/02/18)
  • 写真報道:絶滅に瀕するクジラ、テムズ川に(06/01/22)