中国の「ニコチン中毒者」3億5000万人、経済コストは2500億元(訂正記事)

2006年12月02日 08時03分
 【大紀元日本12月2日】(※2日午前8時段階で掲載した記事の最終段落で中国の紙巻きたばこの年間消費量が1億6千万本とありましたが、1兆6千億本の誤りでした。お詫びと共に訂正させていただきます)統計によると、中国大陸の人口13億人のうち、ニコチン中毒者は3億5000万人、毎年喫煙による死亡者は70万人に達し、2005年の「ニコチン中毒」による経済損失は、2500億元に達したという。

 「北京晩報」1日報道によると、北京大学中国経済センターがこのほど発表した「中国喫煙コスト推算」研究報告によると、2005年の中国における喫煙による疾病治療と直接コストは、1665億6000万元、間接コスト(受動喫煙)は861億1100万元から1205億元、「ニコチン中毒者」の経済損失は2500億元になるという。

 世界保健機構(WHO)の禁煙推進委員会によると、中国は禁煙努力を薦めているにもかかわらず、喫煙人口は増え続けているという。当機構の統計によると、中国における紙巻タバコの年間消費量は、1兆6千億本に達し、世界の総消費量の約三割に相当するという。

関連キーワード
^