印刷版   

12月12日、クシニッチ米下院議員(右)が次期大統領選への出馬を表明(2006年 ロイター/Kevin Lamarque)

クシニッチ米下院議員、次期大統領選への再出馬表明

 2004年の米大統領選で民主党の候補指名を受けられなかったデニス・クシニッチ下院議員が12日、イラク駐留米軍の即時撤退などを訴えて2度目の出馬を表明した。

 クシニッチ議員は有数なリベラル派で、一貫してイラク戦争への資金拠出に反対票を投じ、議会内では反戦の急先鋒。

 同議員は、先月の中間選挙で民主党が戦争に反対する国民の支持を得て勝利したにもかかわらず、いまだに戦争に対する資金拠出を支持しているとして党指導部を批判。

 同議員は、クリーブランドの市庁舎で2008年大統領選への正式な出馬表明を行い、「戦争への資金拠出を支持しておきながら戦争に反対だとは言えない。それは信頼できない。私は戦争を終わらせ、可能なかぎり速やかに米国の若者を帰国させるため最善を尽くす」と語った。

 クリーブランド市長の経歴を持つクシニッチ議員は先月連邦下院選で当選、6期目を務めることになる。

 同議員は、2004年の前回大統領選でも反戦を掲げて民主党候補指名獲得を目指したが、獲得した代議員票は70足らずで、予備選での勝利経験もない。

[クリーブランド 12日 ロイター]

 (06/12/13 15:50)  





■関連文章
  • 米共和党、08年大統領選でカギとなる主要州の知事選で敗退(06/11/08)
  • 次期米大統領選、民主党有力候補が不出馬を表明(06/10/14)