印刷版   

12月11日、米USTRのシュワブ代表(写真)は中国の経済・構造改革の推進力が失速した兆しがあるとの懸念を表明。先月15日撮影(2006年 ロイター/Reinhard Krause)

中国の構造改革推進力に衰えの兆し=米USTR代表

米通商代表部(USTR)のシュワブ代表は、中国の世界貿易機構(WTO)加盟から5年が経過した現在、中国の経済・構造改革の推進力が勢いを失っている兆候がみられるとの懸念を表明した。

 シュワブ代表は、11日付の英フィナンシャル・タイムズ紙に寄稿し、中国にWTO加盟時の公約を実施させるためには、米国は貿易紛争に訴えることも辞さないと指摘。そのうえで、「過去1年間を振り返ると、中国の改革気運が衰え始めた兆候がみられる」と指摘。「中国では、一段の市場開放に反対する声が次第に高まっており、特に省レベルでの当局による介入が増加している」と警告した。

 同代表は、今月14─15日にポールソン米財務長官らと共に訪中し、米中の「戦略経済対話」に参加する。

[ロンドン 11日 ロイター] 

 (06/12/11 18:10)  





■関連文章
  • 中国の外銀への人民元業務開放、外銀8行が申請(06/12/11)
  • 中国、外国企業への石油製品卸売り市場開放に関する新規則を発表(06/12/07)
  • G20、為替のさらなる柔軟性で一致もタイミングが問題(06/11/19)
  • APEC首脳会議、WTO交渉再開目指す声明を採択(06/11/19)
  • 米政府、中国の鳥インフルエンザ情報の透明化求める(06/11/18)
  • WTO、一般理事会でベトナムの加盟を正式承認(06/11/08)
  • WTO、中国の自動車部品輸入ルールでパネル設置へ(06/10/27)
  • 安倍内閣で構造改革を加速・補強へ、財政再建も使命(06/09/27)
  • 米・EU・カナダ、中国の自動車部品問題でWTOパネル審理を要請へ(06/09/15)
  • 米通商代表:米中貿易摩擦問題、WTOに仲裁要求の構え(06/09/05)
  • ドーハ・ラウンド会合、農業補助金で譲歩用意あった=USTR代表(06/07/25)
  • 知的財産権を侵害、ヤフー中国が提訴されることに直面(06/07/05)
  • 中国、台湾特産品を商標登録、官民で解決さぐる台湾(06/01/19)
  • 香港:WTO部長会議の最中、抗議者と警察が衝突(05/12/18)
  • プーチン大統領、外国銀行支店設立認めず(05/12/17)