世界最高齢の女性が死去、子孫は500人以上

2006/12/13 15:37
 世界最高齢者として知られる米国のエリザベス・ボールデンさんが11日、テネシー州の老人介護施設で死去した。116歳だった。地元メディアが12日に報じた。

 ボールデンさんは2年前に脳梗塞を患って以来、同施設で生活を送っていた。

 メンフィスの新聞によると、1890年8月15日生まれのボールデンさんには、子供が7人に孫40人、ひ孫75人、玄孫(やしゃご)150人、その次の来孫(らいそん)が220人、さらにその次の昆孫(こんそん)が75人いるのだという。

 ギネスブックはことしに入り、ボールデンさんを世界最高齢と認定していた。

[シカゴ 12日 ロイター]


関連記事
注目記事
^