印刷版   

香港経済短信 12月21日

 【大紀元日本12月22日】

 ○市場はまちまち新規公開株もそれぞれ

 市場は好材料が缺乏し,加えて周辺市場も弱含み,ハンセン指数は19,200附近の水準。ブルーチップ銘柄も総じて軟調,HSBC142.1,下げ0.28%;中移動62.7,下げ0.32%;中銀香港下げ幅大,18.92,下げ1.77%。中資金融株は好調,國企指數上昇持續,9,500.23, 上げ0.74%。新規上場三社はまちまち。ハンセン指数終値19,222.84,下げ17.28或いは0.09%,値動き19,157.85 - 19,276.32,出来高463億香港ドル。

 ○香港11月CPI 2.2%上昇

 政府統計に依れば,11月分綜合消費物價指數上升2.2%,10月に較べ0.2%上昇,市場予想2.1%よりやや高め。各類消費項目中,衣類消費物價が年間上げ幅最大で5.3%;住宅上升4.7%,食品上升3.4%。耐久消費財下げ幅6.4%。

 ○新規上場三社 陽光は公募価格を下回る

 木曜には三社が新規上場,各個まちまちの展開,其の中で陽光房地產基金(0435)の売り出しで公募価格を割った,最低2.4,公募価格2.6に対し下げ7.69%,終値2.43,下げ6.54%,新株は必ず高いという神話が壊れた。飛毛腿(1399)は三社の中では際立ち,最高3.42,売り出し価格2.02に対し69.31%上げ,終値3.05, 上げ50.99%。興達國際(1899)最高3.87,売り台価格3.08に対し上げ25.65%;終値3.52,上げ14.29%。

 (06/12/22 10:20)