印刷版   

ロシア機でハイジャック未遂事件、プラハに緊急着陸

 モスクワ発ジュネーブ行きアエロフロート・ロシア航空のエアバスA320の旅客機で28日、ハイジャック未遂事件があり、プラハで緊急着陸した。チェコ警察のスポークスマンが明らかにした。「容疑者はロシア国籍で、現在はチェコ警察の管理下にある」という。負傷者はいなかった。

 ロシア運輸省は、この旅客機には乗客と乗員合わせて168人が搭乗していたとしている。

 航空会社の担当者によると、ハイジャックしようとしたロシア人男性は乗客によって取り押さえられた。アエロフロートの担当者はロイターに対し「乗客の1人が、爆発物を持っている、と述べ、航路を変更するよう乗務員に命じた」と述べた。

[プラハ 28日 ロイター]

 (06/12/29 10:12)  





■関連文章
  • 全世界環境調査指数、中国は94位にランキング(06/01/26)
  • プラハ:500万人脱党声援活動、ハヴェル前大統領が応援(05/10/19)