印刷版   

1月24日、静岡県の「あわしまマリンパーク」のスタッフが深海に生息する珍しいサメの撮影に成功した。あわしまマリンパーク提供(2007年 ロイター)

あわしまマリンパーク、珍しい深海ザメの撮影に成功

 静岡県にある「あわしまマリンパーク」のスタッフが、深海に生息する珍しいサメの撮影に成功した。

 近くの港の漁師から「鋭い歯も持ったウナギのような姿の生き物を発見した」との連絡を受け、同パークの職員が捕獲したのは全長1.6メートルの雌のラブカとみられる。

 生きた化石とも言われるラブカだが、通常は600メートル以上の深海に生息しており、生きた姿が撮影されるのは非常にまれだという。

 海水プールに移された時点ですでに衰弱がみられたサメは、捕獲から数時間後には死亡した。

[東京 24日 ロイター]

 (07/01/25 09:06)  





■関連文章
  • ルーマニアで「動物たちのクリスマス」(06/12/19)
  • 罪ない動物も受難、イスラエルの空爆続くレバノン(06/08/04)
  • スイスの動物園、猛暑で「肉のアイスクリーム」(06/07/28)
  • 国際捕鯨委員会:日本は20年ぶりに商業捕鯨再開なるか(06/06/20)
  • 中国の動物愛護団体、「ネコ肉レストラン」に抗議(06/06/18)
  • 世界動物衛生組織:鳥インフルエンザはすでに全世界で蔓延する兆し(06/03/14)
  • 鳥インフルエンザ、哺乳類動物も感染、各国で続発(06/03/03)
  • 中共のパンダ贈呈、台湾、受け入れ消極的(06/01/11)
  • 中共当局、「重大な動物伝染病が発生する際の応急条例」公布の内幕(05/11/22)
  • 黒竜江省、虎の肉が食卓に(05/09/03)
  • バングラデシュ:疫病で121人が死亡(05/08/15)