印刷版   

中国、国内金融機関に香港での人民元建て債券発行を承認へ

 中国は国内の金融機関に対し、香港で人民元建て債券の発行を認めることに合意した。

 香港特別行政府政府が10日明らかにしたもので、これにより、香港での人民元を通じた金融サービスが拡大することになる。

 中国の金融機関は承認が得られ次第、香港で人民元建て債券を発行することが可能になる。

 香港の唐英年(ヘンリー・タン)財政長官がテレビで語ったところによると、詳細については来週早々に行われる香港金融管理局と中国人民銀行当局者の協議で話し合われる予定だという。

[香港 10日 ロイター] 

 (07/01/11 08:04)  





■関連文章
  • 米政府、金融機関にアルカイダのサイバー攻撃を警告(06/12/02)
  • 竹中氏退場で問われる安倍氏の経済政策、海外勢に懸念も(06/09/16)
  • 中国破産法案、当局による金融機関の破産手続き開始を認める(06/08/23)
  • 米国債投資家、弱気派の割合が増加=JPモルガン週間調査(06/08/23)
  • 米国債投資家、FRB議長証言後も姿勢変えず=調査(06/07/26)
  • 中国農業銀行、違法違規に絡む金額615.6億元(06/06/30)
  • 米債先物投機勘定、2年債のネットショートが過去最高=CFTC(06/06/26)
  • NY市場サマリー(6日)=NY株続落、ドル上昇(06/06/07)
  • 中国銀監会、金融機関への外資出資制限の変更は年内に決定(06/06/06)
  • 独銀行:鳥インフル感染に関連、石油価格暴落を予測(06/03/22)
  • 世界トップ金融機関が投資、中国で奴隷労働製品を製造(05/08/20)