印刷版   

1月25日、国際通貨基金(IMF)はインドが目覚しい成長を遂げているとし、景気過熱リスクを指摘。写真は建設中の高層ビル。昨年12月、ムンバイで撮影(2007年 ロイター/Arko Datta)

IMF、インドの景気過熱リスクを指摘

 国際通貨基金(IMF)は25日、インドが目覚しい成長を遂げているとしたうえで、急拡大する信用と資産市場による景気過熱を防ぐことが優先事項のひとつとの認識を示した。

 インド経済見通しでIMFは「過熱へのあらゆる潜在的リスクを避けるための警戒が必要」と指摘。現在の株価収益率は「他の諸外国やインドの最近の状況に比べ高い。同時に、不動産価格は信用の拡大を背景に、引き続き急速に上昇している」と述べた。

 また、2006/07年度のインド経済成長の伸びがおよそ9%となり、07/08年度には8.5%に減速すると予想。

 インド中銀によるインフレリスク抑制のための段階的金融引き締め政策を支持するとしたうえで、財政赤字と債務が依然高水準にあることを警告した。

[ワシントン 25日 ロイター] 

 (07/01/26 08:16)  





■関連文章
  • ユーログループ、弱い円に対しより強いG7メッセージ求める意向=関係筋(07/01/25)
  • 景気は「消費に弱さみられるものの回復」=1月月例報告(07/01/23)
  • インドネシア東部でM7・3の強い地震(07/01/22)
  • 英国ジャーナリスト、中国経済発展の真相を看破=最新刊「THE WRITING ON THE WALL」(07/01/17)
  • 世界経済は07年も引き続き堅調の見通し=IMF専務理事(07/01/17)
  • 原油安で世界経済に安定感、米国に資金回帰でドル高に(07/01/15)
  • インド株、SENSEX指数が最高値更新(07/01/15)
  • インドネシア:鳥インフルエンザで新たに女性2人死亡(07/01/13)
  • 行方不明のインドネシア旅客機、破片と遺体を海で発見(07/01/11)
  • 07年の世界経済成長率は3.2%に鈍化へ=国連(07/01/11)
  • 胡少江:中国経済の難問と政府の責任(07/01/10)
  • 米中戦略経済問題の本質(07/01/06)
  • インドネシア旅客機墜落:同国軍関係者、墜落機発見を否定(07/01/02)
  • 102人搭乗のインドネシア旅客機が墜落、12人が生存(07/01/02)
  • 2007年には土地使用料を倍に値上げ=中国国土資源部(07/01/02)