印刷版   

中国全人代、3月に法人税の一本化法案を審議へ

 3月に開催される中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では、外国企業と国内企業の法人所得税率の一本化を目指す法案について審議される見通し。国家税務総局の王力副局長が24日確認した。

 同副局長は記者会見で、法人税の改革は公正な競争環境を提供するため、早急に必要だと強調した。

 全人代常務委員会は昨年12月24日、全人代への正式提出に先立ち、法人税の改革法案を承認した。

 中国は1990年代初め、外資誘致の目的で外国企業に対する税制優遇措置を導入した。現在、外資系企業の法人税は15%であるのに対し、国内企業の法人税は33%となっている。

 メディア各社は、法人税が25%前後で統一され、外国企業には現行の税率より高くなる法人税に対応するため猶予期間が設けられる見通しと報じている。

[北京 24日 ロイター]

 (07/01/24 17:44)  





■関連文章
  • 中国、外貨準備にユーロ債の採用を検討=全人代常務副委員長(07/01/12)
  • 法人税下げは来年度以降の議論=自民政調会長(06/12/11)
  • 法人税の実効税率、欧州並みの低下目指した議論も=中川自民幹事長(06/10/30)
  • 中国全人代、外国為替に関する新たな法律の起草を検討=新聞(06/09/25)
  • 中共:中央委員選出の審査新基準=「愛人条項規定」(06/08/04)
  • 香港紙:中共党内、次期交代の権力争奪戦が展開(06/07/08)
  • 中国:全人代、中共指導部に矛先(06/04/01)
  • 全人代等両会議終了、上海の直訴者らの行方は(06/03/22)
  • 写真報道:全人代、全国政治協商会議、会場内外の光景(続)(06/03/13)
  • 湖南省、共産党風紀監督高官、買春現行犯で逮捕(06/03/13)
  • 外資企業、中国での人材確保が困難(06/03/11)
  • ドイツのメディア各社、中共全人代を痛烈批判(06/03/07)
  • 温家宝:中国経済社会の発展における5大矛盾について指摘(06/03/06)
  • 第17回全人代組織改正、黄・李・羅が政治局員解任か(06/03/05)
  • 中国:大型連休による四大災難(05/10/16)