北京郊外で再び豚コレラ大発生、メディアは報道禁止

2007/01/16 12:03
 【大紀元日本1月16日】香港紙「明報」報道によると、先月末、北京郊外の通州で発生した豚マイコプラズマ肺炎、豚コレラの混合感染が発生したのに続けて、北京の平谷、順義などの郊外地区においても大規模な豚コレラが発生し、このために倒産した養豚場も出現しているという。当地の養豚企業は、感染が発生したことを認めているが、当局は報道を許可していない。北京市農業局官員は、現在調査中であると述べた。

 北京郊外で比較的大規模な豚コレラが発生した際、北京市内では流言蜚語が飛び交った。これに対し、北京市衛生局は13日、市内において化膿性脳炎のウィルスを持った豚肉が出回っているというのは全くのデマであると否定した。しかし、広く伝えられている北京郊外の豚コレラについては何の説明もしなかった。情報によると、豚コレラが発生しているのは、主として平谷区及び順義区など、北京市の食肉の主要な供給養殖地である。

 平谷区大興庄鎮英美養豚場の作業員は、明報の取材を受けた際、当地の一部の養豚場において、最近豚コレラが発生していることを認め、「これらの豚は、鼻水を流し、くしゃみ、せきをし、物を食べておらず、症状は、人の風邪に似ています。たくさんの豚が死にました…」と語った。彼はまた、これらの養豚場は既に封鎖され、外部の人を近づけていないことを明らかにした。

 順義区の北郎中村養豚場の作業員は、取材をかなり忌避しており、「上の方がしゃべらせないし、報道もさせていません」と語っている。しかし彼は、「多くの豚が死んだ養豚場がある」ことを認めたほか、「倒産した養豚場もある」と聞いたという。

 北京市農業局職員は、明報の取材に対し、感染の発生を認め、農業局は感染を非常に重視しており、局内において専門家チームを作り、現場を調査していると語った。

 先月、北京通州潡県村などの地において、数百頭の豚が突然伝染病に罹り、死亡する事件が起こった。後に、北京市獣医実験診断所の検査及び専門家の総合分析の結果、発病の原因は、豚マイコプラズマ肺炎と豚コレラの混合感染であると判定された。養豚業者は、病死した豚を、極めて低価格で販売業者に売り、損失を減少させており、販売業者は、この病死豚を、直接外地に販売している。燕趙都市報の報道によると、元旦の前後、河北省滄州において、連続8回にわたり、天津から持ち込まれた病死豚合計29トンが押収された。これ以前にも、天津薊県の大部分の郷鎮において、豚飼育農家の豚が大量に死亡していたのが発見された。一部の豚販売業者と屠殺業者は、機を見てこの病死豚を輸送・販売した。天津病死豚肉の流入を防ぐため、滄州市は、道路に7つの動物防疫監督検査所を設け、厳格に対処している。


関連記事
注目記事
^