印刷版   

1月30日、31日付の英フィナンシャル・タイムズ紙は中国全人代常務委員会の成副委員長が国内の株式市場がバブル化しているとの認識を示し不合理な投資リスクを認識すべきだと警告したと報じた。写真は上海の株式市場にて昨年12月に撮影(2007年 ロイター/Aly Song)

中国株式市場はバブル─全人代副委員長=英紙

 31日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙によると、中国全国人民代表大会(全人代)常務委員会の成思危・副委員長は、国内の株式市場がバブル化しているとの認識を示したうえで、不合理な投資リスクを認識すべきだと警告した。

 同副委員長はFTとのインタビューで「バブルが進行している。投資家はそのリスクを警戒すべきだ。強気相場では投資家はやや不合理な投資を行う。どの投資家も勝てると思っているが、その多くが最終的には負ける。しかし、そのリスクを取るのは投資家の選択次第だ」と述べた。

 そのうえで、「人々の行動を行政措置で変えることはできない。市場は参加者の動きに基づいて推移する。投資家は自分自身で教訓を学ぶ必要がある」と強調した。

 上海株式市場の主要株価指数は昨年130%上昇したが、上昇相場は8カ月目に入っている。

[ロンドン 30日 ロイター]

 (07/01/31 15:05)  





■関連文章
  • 中国住宅市場調査:半数近くが10年以内にバブル崩壊認識(07/01/30)
  • 北京:全人大会場周辺、直訴者多数が強制連行(07/01/27)
  • 中国全人代、3月に法人税の一本化法案を審議へ(07/01/24)
  • 中国、外貨準備にユーロ債の採用を検討=全人代常務副委員長(07/01/12)
  • 2007年には土地使用料を倍に値上げ=中国国土資源部(07/01/02)
  • 研究報告:北京不動産のバブル化、投資価値の喪失(06/12/27)
  • 日経平均が大マド埋める、1万7000円回復も視界に(06/10/24)
  • 中国工商銀行、世界最大のIPOで総額219億米ドル調達へ(06/10/23)
  • 米国株式市場=ダウが初の1万2000ドル突破、IBMなどの好決算が支援(06/10/19)
  • ダウは1万2000ドル超す可能性も=今週の米株市場(06/10/16)
  • 中国全人代、外国為替に関する新たな法律の起草を検討=新聞(06/09/25)
  • 日経平均が前日比で200円を超える大幅な上昇(06/09/04)
  • 中国半導体バブル崩壊、6割の企業淘汰恐れ(06/08/14)
  • 中共:中央委員選出の審査新基準=「愛人条項規定」(06/08/04)
  • 香港紙:中共党内、次期交代の権力争奪戦が展開(06/07/08)