印刷版   

フセイン元大統領の遺体、イラク北部の出身地に埋葬

 イラクのフセイン元大統領の遺体は31日未明、同国北部ティクリートに近い出身地アウジャ村に埋葬された。出身部族の部族長や家族が明らかにした。

 同元大統領は30日、大統領在任中のシーア派住民虐殺をめぐる人道に対する罪で絞首刑となり、元大統領の家族は先に声明を通じ、遺体がスンニ派武装勢力の拠点でもあるラマディに埋葬されると述べていた。

 部族長はロイターに対し、埋葬は死刑執行から24時間以内に行われたと明らかにした。また、元大統領の家族に近い関係筋によると、遺体は2003年に米軍によって殺害された元大統領の長男ウダイ氏、次男クサイ氏も眠る一族の墓地に埋葬されたという。

[バグダッド 31日 ロイター]

 (07/01/01 12:49)  





■関連文章
  • フセイン元大統領の遺体、出身地ティクリートに(06/12/31)
  • フセイン元大統領、死刑執行される(06/12/30)
  • アビザイド米中央司令官、来年初めに辞任(06/12/21)
  • イラクでの攻撃件数が過去最大に=米国防総省報告(06/12/19)
  • イラン、イラクにシーア派「国内国家」形成―サウジ報告=米紙(06/12/19)
  • ブッシュ米大統領、イラク政策の新戦略発表を来年に延期(06/12/13)
  • バクダッドで自動車爆弾爆発、職探しの労働者70人死亡(06/12/13)
  • 国連事務総長、米大統領のイラク政策検討意向を「前向き」と評価(06/12/08)
  • イラク政策、新たなアプローチが必要=米大統領(06/12/08)
  • イラク情勢は深刻で悪化、米戦闘部隊撤退や外交努力促進を=超党派グループ(06/12/07)
  • バグダッドで自動車爆弾が爆発、少なくとも51人が死亡(06/12/03)
  • イラクのマリキ首相は「強力な指導者」=ブッシュ米大統領(06/12/01)
  • ブッシュ米大統領、イラク駐留米軍を維持するとあらためて表明(06/12/01)
  • 米国のイラク検討グループ、米軍のイラクでの役割シフトを勧告へ=関係筋(06/11/30)
  • 米イラク首脳会談が延期、イラク首相批判メモが原因か(06/11/30)