印刷版   

ユーログループ、来週のG7控え円安に懸念表明

 ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長を務めるルクセンブルクのユンケル首相兼財務相は29日、この日開催した財務相会合で円安に対する懸念が高まっていると指摘した。

 ユンケル財務相はユーロ圏財務相会合出席後、記者会見で「われわれは、現在の日本経済の回復が円相場に反映されるべきだと考える」と述べ、来週の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で円相場について協議する意向を示した。

 財務相は「このような為替レートのボラティリティを好まない。協議する必要がある。過剰なボラティリティは経済成長の促進につながらないとの結論に達した」と語った。

 円は対ユーロで、ユーロ導入時から約20%下落している。

 ただ、会合出席者の中で円相場の下落を反転させる具体的な対策などについて言及した者はいなかった。

 来週のG7で議長国を務めるドイツのシュタインブリュック財務相は、為替レートについてのコメントは差し控えるとしたものの、円がG7での協議の一部になると述べた。

 スペインのソルベス第2副首相兼経済・財務相も、同様に懸念を示した。

 欧州委員会のアルムニア委員(経済・通貨問題担当)は、円は「ファンダメンタルズを反映すべきだ」と指摘し、前回のG7での欧州のメッセージを繰り返した。

 こうした欧州からのコメントを受け、円は対ユーロでやや上昇したものの、依然として最安値圏にある。

[ブリュッセル 29日 ロイター] 

 (07/01/30 09:07)  





■関連文章
  • ユーログループ、弱い円に対しより強いG7メッセージ求める意向=関係筋(07/01/25)
  • 原油安で世界経済に安定感、米国に資金回帰でドル高に(07/01/15)
  • 円上昇のカギはデフレ脱却=OECDチーフエコノミスト(07/01/05)
  • 経済成長、G7でカナダがトップ(06/12/25)
  • ユーロ/円が上昇、ユーロ導入来の高値=東京外為市場(06/10/27)
  • 円は好ましい方向に動いている=仏財務相(06/10/23)
  • ロシアの外貨準備としての円の購入、歓迎すべきこと=尾身財務相(06/10/17)
  • ロシア中銀、外貨準備として円の購入を開始=中銀幹部(06/10/16)
  • 「いざなぎ」に並ぶ景気回復、今後も力強い成長にむけ努力=安倍首相(06/10/13)
  • ドルが対円で7カ月ぶり高値、北朝鮮の核実験報道で(06/10/09)
  • G7が開幕へ、米景気減速や原油価格・保護主義の高まりなどを議論(06/09/16)
  • G7では世界経済と国際金融機関の改革などを議論=谷垣財務相(06/09/15)
  • ECB総裁、アジア途上国に為替の柔軟性拡大求める=独紙(06/09/09)
  • 9月G7、為替議論になるが中心にはならず=渡辺財務官(06/09/08)
  • G7では円の弱さや、人民元および中東問題など協議へ=独財務次官(06/09/07)