印刷版   

1月15日、安倍首相が東アジアサミッにト出席しエネルギー協力支援策を表明(2007年 ロイター/Beawiharta)

安倍首相が東アジアサミット出席、エネルギー協力支援策を表明

 安倍晋三首相は15日、フィリピン・セブ島で開催された東アジアサミットに出席し、省エネルギーやバイオ燃料利用の推進を柱とした日本のエネルギー協力支援策を発表した。

 日本の支援策は、1)省エネルギーの推進、2)バイオマスエネルギーの推進、3)石炭のクリーンな利用、4)エネルギー貧困の解消、の4点。

 このうちエネルギー貧困の解消に向け、経済社会状況を考慮し、電力設備の整備、地方電化などのエネルギー・アクセス改善のほか、省エネ対策を含む資金協力、技術協力として、今後3年間で20億ドル規模のエネルギー関連の政府開発援助(ODA)を実施する。

[セブ(フィリピン) 15日 ロイター]

 (07/01/16 08:41)  





■関連文章
  • 中国環境保護当局:四大電力会社など、環境基準違反でブラックリストに(07/01/13)
  • 衆参同日選は考えていない=安倍首相(07/01/04)
  • イラン、イラクにシーア派「国内国家」形成―サウジ報告=米紙(06/12/19)
  • 相互貿易が拡大すると確信=日・印首脳会談で安倍首相(06/12/16)
  • 湾岸アラブ6カ国単一通貨、発行に遅れも(06/12/11)
  • G20、人民元やエネルギー・世界経済情勢を議論へ(06/11/17)
  • APEC、地域安定や平和のために中身ある議論を=安倍首相(06/11/17)
  • 日産、インドでの新生産計画に関するスズキとの交渉を打ち切り(06/11/10)
  • 日本の対イラク復興支援に変更はない=米中間選挙で安倍首相(06/11/09)
  • 核実験・拉致問題解決なければ、北朝鮮制裁解除せず=安倍首相(06/11/01)
  • 韓国、北朝鮮の6カ国協議への復帰表明受け食糧支援の再開を検討(06/11/01)
  • 中国民主活動家・魏京生氏、国会議員らと懇談、日本の重責強調(06/10/29)
  • 北朝鮮の核実験実施に関する判断、米韓の発表踏まえて独自判断=首相(06/10/28)
  • 初の党首討論、大局的な観点から考え方ぶつけ合った=安倍首相(06/10/18)
  • 写真報道:日本ファーストレディー、外交デビュー(06/10/10)