印刷版   


バグダッドで爆弾攻撃や銃撃相次ぐ、105人死亡

 イラクの首都バグダッドで16日、爆弾攻撃や銃撃が相次ぎ、合計で少なくとも105人が死亡した。

 バクダッド中心部の大学付近では爆弾による攻撃があり、70人が死亡した。犠牲者の多くは下校中の女子学生だった。

 大学の前で迎えの車を待っていた学生に対し自動車爆弾による攻撃が行われ、その後、自爆犯が正面玄関に集まっていた学生に突っ込み、さらに多くの犠牲者が出た。

 また、イラク北部では米軍兵士4人が爆弾攻撃によって死亡した。

 国連は16日、2006年にイラクで3万4000人以上の民間人が暴力行為によって死亡したと発表した。

 [バグダッド 16日 ロイター]

 (07/01/17 15:33)  





■関連文章
  • フセイン元大統領側近2人の死刑執行=イラク政府報道官(07/01/15)
  • 米軍がイラク北部にあるイラン政府事務所を強制捜査、多数を拘束=テレビ(07/01/12)
  • フセイン元大統領の遺体、イラク北部の出身地に埋葬(07/01/01)
  • フセイン元大統領の遺体、出身地ティクリートに(06/12/31)
  • フセイン元大統領、死刑執行される(06/12/30)
  • アビザイド米中央司令官、来年初めに辞任(06/12/21)
  • イラクでの攻撃件数が過去最大に=米国防総省報告(06/12/19)
  • イラン、イラクにシーア派「国内国家」形成―サウジ報告=米紙(06/12/19)
  • ブッシュ米大統領、イラク政策の新戦略発表を来年に延期(06/12/13)
  • バクダッドで自動車爆弾爆発、職探しの労働者70人死亡(06/12/13)
  • 国連事務総長、米大統領のイラク政策検討意向を「前向き」と評価(06/12/08)
  • イラク政策、新たなアプローチが必要=米大統領(06/12/08)
  • イラク情勢は深刻で悪化、米戦闘部隊撤退や外交努力促進を=超党派グループ(06/12/07)
  • バグダッドで自動車爆弾が爆発、少なくとも51人が死亡(06/12/03)
  • スリランカの首相官邸付近で爆発、大統領兄弟の国防相が負傷(06/12/02)