印刷版   

1月9日、WTO上級委が米の反ダンピング関税制度を協定違反と判定、日本が逆転勝訴。麻生外相(写真)は、WTO上級委員会の決定を歓迎する意向示す。昨年10月、代表撮影(2007年 ロイター)

WTO上級委が米の反ダンピング関税を協定違反と判定、日本が逆転勝訴

 世界貿易機関(WTO)の上級委員会は9日、米国の反ダンビング(不当廉売)関税制度が不当だと訴えていた日本の主張を支持する決定を下した。

 「ゼロイング」というダンピング調査で使われる算定方式が問題となった係争で、WTO上級委は、米国がWTOの国際貿易ルールに違反していると判定した。

 昨年9月、WTOの紛争処理小委員会(パネル)は、米国の主張を大筋で認める判定を下していたが、WTOとしての最終判断にあたる上級委の決定はこれを覆した。日本にとっては逆転勝訴となる。

 麻生太郎外相は、WTO上級委員会の決定を歓迎。上級委が、許されない反ダンピング関税制度によって国際貿易を規制することは容認されない、ということを明確にした、と述べた。

[ジュネーブ 9日 ロイター]

 (07/01/10 09:05)  





■関連文章
  • 中国の著作権侵害、米企業に「容認できないほど多くの」損失=USTR(06/12/12)
  • 中国の構造改革推進力に衰えの兆し=米USTR代表(06/12/11)
  • 中国の外銀への人民元業務開放、外銀8行が申請(06/12/11)
  • 麻生外相、中国首脳陣の訪日要請、来春実現か(06/12/10)
  • 中国、外国企業への石油製品卸売り市場開放に関する新規則を発表(06/12/07)
  • G20、為替のさらなる柔軟性で一致もタイミングが問題(06/11/19)
  • APEC首脳会議、WTO交渉再開目指す声明を採択(06/11/19)
  • 米政府、中国の鳥インフルエンザ情報の透明化求める(06/11/18)
  • WTO、一般理事会でベトナムの加盟を正式承認(06/11/08)
  • WTO、中国の自動車部品輸入ルールでパネル設置へ(06/10/27)
  • 米国のコミットメント、いかなる状況でも堅持されると確認=麻生外相(06/10/18)
  • 米・EU・カナダ、中国の自動車部品問題でWTOパネル審理を要請へ(06/09/15)
  • 米通商代表:米中貿易摩擦問題、WTOに仲裁要求の構え(06/09/05)
  • 郵政造反議員の自民復党に容認姿勢、新内閣誕生を機に=麻生外相(06/08/24)
  • 麻生外相が自民総裁選出馬表明、政策減税による経済成長に力点(06/08/21)