印刷版   

中国、一部鉄鋼製品へのVAT払い戻し制度の見直し検討

 中国は、鋼板など一部の鉄鋼製品に対する付加価値税(VAT)の払い戻し制度を廃止、または縮小することを検討している。政府関係筋が5日、明らかにした。

 2人の関係筋によると、低価格の鉄鋼製品の多くは、これまで8%だったVATの払い戻しがゼロとなり、現在13%の払い戻しを受けている他の製品に関しては5%に引き下げられる見通し。

 正式な内容は旧正月までに決定される予定で、国務院(内閣に相当)の承認が必要。

 米国は2日、中国の輸出補助金が市場をゆがめ、通商ルールに違反しているとして世界貿易機関(WTO)に提訴した。輸出補助金には、中国が鉄鋼業をはじめとする多くのセクターで実施している払い戻し制度や免税措置を含む輸出奨励策が含まれるとしている。

 [北京 5日 ロイター]

 (07/02/05 14:19)  





■関連文章
  • 米政府、中国の輸出補助金は不当としてWTOに提訴(07/02/03)
  • 市場開放を進めなければ中国経済のリスクに=米財務長官(07/02/01)
  • 中国の貴重文物1000万件余、既に海外流出(07/01/30)
  • 台湾大陸委員会、「大陸版」難民法案提出(07/01/28)
  • 来日外国人、700万人突破、6割が韓台中(07/01/28)
  • 台湾国防部が警戒、中国浙江省に「殲(せん)10」戦闘機航空部隊(07/01/26)
  • 中南海の暗闘:中共党中央の故・薄一波氏に対する「死後評価」(07/01/25)
  • 中国新聞出版総署、歴史文学分野の出版物八件を発禁処分(07/01/22)
  • 人民解放海軍、空母保有の模索(07/01/22)
  • 中国青少年犯罪: 5年間で刑法犯全体の7割以上、進む低年齢化(07/01/19)
  • 北京の貧困学生、春節に帰省できず(07/01/18)
  • 「2007年外交展望」=拓殖大学教授・藤井厳喜氏講演(07/01/18)
  • 中国:毎年15万人の児童、ストリート・チルドレンに(07/01/12)
  • WTO上級委が米の反ダンピング関税を協定違反と判定、日本が逆転勝訴(07/01/10)
  • 中国国内ウェブサイト、「中国政府」も敏感文字に?(07/01/08)