印刷版   


英国防相、アフガン駐留英軍の1400人増派を確認

 ブラウン英国防相は26日、アフガニスタンの駐留英軍を約1400人増派することを確認した。北大西洋条約機構(NATO)に加盟する他の同盟国の大半が、増派を拒否したためとしている。

 同相は議会で「単純に言うと、他の選択肢が容認できないということだ」と語った。

 イスラム原理主義勢力のタリバンは今春攻勢をかけると予想されている。NATOは、3万3000人以上の部隊をアフガンに展開しているが、米英両国は、他のNATO加盟国に対し、増派やタリバン拠点への現駐留部隊の展開を要請していた。

 [ロンドン 26日 ロイター]

 (07/02/27 13:11)  





■関連文章
  • 安倍首相がNATOとの連携強化を表明、北朝鮮問題の解決に協力要請も(07/01/13)
  • アフガンの多国籍軍基地にロケット弾、兵士ら10人負傷(06/07/03)
  • NATO軍最高指揮官・ジョーンズ大将、「任務は地球規模の展開に変遷」(06/02/14)
  • 写真報道:スロバキア軍用機墜落、死者42人(06/01/22)
  • アフガン駐留米軍、2,500人削減へ(05/12/22)
  • ブッシュ米大統領、モンゴル訪問でも民主と自由を強調(05/11/23)