印刷版   

2月6日、英国のブレア首相はイランに対する攻撃について誰も計画していないがイランの戦略は警戒感の高まりを引き起こしているとの認識を示した。3日撮影(2007年 ロイター/Stefan Rousseau)

イランに対する攻撃、誰も計画していない=英首相

 英国のブレア首相は6日、イランに対する攻撃について誰も計画していないが、イランの戦略は警戒感の高まりを引き起こしている、との認識を示した。議会の委員会に出席した首相は、イランが国連を無視して核兵器能力の開発を行い、故意に地域対立を煽っていると非難。「イランに対する軍事介入について誰も口にしていないが、イランが追求しているとみられる戦略に対し、人々の警戒感や懸念が高まっている」と語った。

[ロンドン 6日 ロイター]

 (07/02/07 08:14)  





■関連文章
  • イラン、ウラン濃縮に向け遠心分離機328基を設置=外交筋(07/02/06)
  • 北朝鮮、イラン核開発を支援との観測を否定(07/01/29)
  • イラン、IAEA査察官38人の受け入れを拒否(07/01/23)
  • ロシア、イランに地対空ミサイルシステムを供給=国防相(07/01/17)
  • 米軍がイラク北部にあるイラン政府事務所を強制捜査、多数を拘束=テレビ(07/01/12)
  • イランと北朝鮮の金融面でのつながり、ミサイル技術拡散の恐れ=米財務省(07/01/10)
  • イスラエル軍、イランの核施設に対する爆撃を計画=英紙(07/01/09)
  • 安保理決議は無効、核開発は継続する=イラン大統領(07/01/03)
  • イラン通信:イランと中国、天然ガス田共同開発を発表(06/12/28)
  • 米軍、湾岸地域に2隻目の空母派遣も(06/12/22)
  • 米国、イランけん制で湾岸での海軍増強を計画=CBS(06/12/20)
  • イラン、イラクにシーア派「国内国家」形成―サウジ報告=米紙(06/12/19)
  • イラン選挙、保守穏健派躍進し大統領派は苦戦(06/12/18)
  • イラク情勢は深刻で悪化、米戦闘部隊撤退や外交努力促進を=超党派グループ(06/12/07)
  • イランの外貨準備、ドル比率が3分の1以下に低下の可能性=国営紙(06/12/07)