致命的インフルエンザウイルスの新発見=『ネイチャー』

2007/02/20 09:57
 【大紀元日本2月20日】アジア各国が旧暦新年を迎えると共に、特に中国とベトナムでは、大量の帰省人口の移動に加え、年越しのための鶏肉の需要も増え、自宅で生きた鳥類を食肉処理する機会も増加している。これらは伝染病を起こす危険性が増すことに専門家が警告している。専門家が心配しているのは、2003年発生し始めた鳥インフルエンザは感染後の致死率はすでに61%に上った。1918年のスペイン風邪はわずか2%の致死率で5千万から1億人の犠牲者が出たことで、専門家らは鳥インフルエンザを軽視できないとしている。

 ワシントンポスト紙によると、インフルエンザウイルスに関する新しい研究結果が『ネイチャー』誌に掲載され、米国の研究者は一昨年、1918年のウイルスDNA構造の複製に成功した。それによって、研究者達は実験室で1918年から1919年に発生したスペイン風邪ウイルスを培養に成功し、数万人の命を奪った仕組みの解明に新しい展開を見せた。

 サルによる実験で明らかになったのは、1918年のウイルスはある種の事前蓄積能力を持ち、人体の初期感染に対して抵抗する免疫力を抑えるものであった。1918年のウイルスが人体を攻撃する時、人体はウイルスに対抗するために、炎症を起こす高毒物質を大量に作り出し防御するが、それはウイルスとウイルスに感染された細胞を殺すためである。このように繰り返した後、高毒物質は侵入したウイルスを破壊すると同時に人体にも損傷を与え、その症状は通常肺に現れてくる、肺はインフルエンザウイルスが繁殖しやすい部位である。

 この研究結果は1918年のウイルスと他のインフルエンザウイルスとは関連性のないことが証明された。インフルエンザによる死亡の原因は人体がウイルスに対して激しく抵抗すると共に自身にも大きい損害を与えたことである。ウイスコンシン大学に勤め、国際研究チームを率いている病毒学者・河岡義裕氏によると「ウイルスは多種多様であり、感染者自身の反応も多種多様である」という。

 1918年のウイルスは若年者にとっては致命的だった。若い人は抵抗力が最も強く、深刻な感染への抵抗も最も有効だからこそ、自分自身への殺傷力も大きかった。多くの人は発病してから数週間で死亡した。遺体解剖では、ある種の細菌によって肺炎を感染し,しかもこの細菌はウイルスに肺感染の手助けをしていたのが明らかになった。当時のメディアの報道によると、一部の人たちは短い期間で、ある日突然初期症状が現れて、間もなくして死亡したことが分かった。遺体解剖すると、肺に大量の血の混じった液体が見つかった。

  今の医療技術では抗生物質を使って細菌感染の肺炎患者を治療している。この種の抗生物質は1918年のウイルスの中に存在しなかった。スペイン風邪の中でウイルス性肺炎(viral pneumonia)に対抗する方法もあってので、1918年のウイルス分子の構成階段で何が発生したかの解明が研究者の間で急がれている。H5N1鳥インフルエンザウイルスは東南アジアで横行し、すでに267人を死亡させた。

 研究者は1918年のウイルスに感染した動物の体内から少量のインターフェロン(妨害素)を発見している。インターフェロンは細胞分裂時に出る流動的漿液である。微生物の活動能力を制限できることによって、ウイルスの拡散と新しい細胞への感染を防ぐことができる。鳥インフルエンザウイルスのNSI遺伝子は妨害素の流れに影響があることが研究者に発見され、H5N1鳥インフルエンザウイルスを致命的ウイルスに変化させた要因の一つの可能性がそこにあるという。

 
(記者・呉紫綺)
関連記事
注目記事
^