印刷版   

米国株式市場=大幅急落、中国株安や米経済への懸念で

                (カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>
     終値         12216.24(‐416.02)
   前営業日終値    12632.26(‐ 15.22)

ナスダック総合<.IXIC>
     終値         2407.86(‐96.66)
   前営業日終値    2504.52(‐10.58)

S&P総合500種指数<.GSPC><.SPX>
     終値         1399.04(‐50.33)
   前営業日終値    1449.37(‐ 1.82)
---------------------------------------------------------------------
 米国株式市場は急落。S&P500指数は1日の下落率が過去4年余りで最
大となった。中国株式市場の急落や、一部の米経済指標が弱 い内容となり世
界的な経済成長をめぐる懸念が強まったことが背景。
 
 ダウ平均は引け前1時間の時点で、500ドルを超える下落を見せた。米機
械大手キャタピラー(CAT.N: 株価, 企業情報 , レポート)など中国の需要に特
に大きく左右される企業の株が売られた。キャタピラ ーは3.6%安で引け
た。
 
 ただダウはその後、引けまでにやや持ち直した。トレーダーによれば、終盤
の下げは引けに向けたプログラム売買によるものである可能性があるという。
 
 この日の下げで、主要3株価指数の年初来の上げ幅が帳消しになった。
 
 プリンストン・フィナンシャル・グループのプレジデントであるアンドレ・
バコス氏は「安全なものはもはやどこにもないといった雰囲気がある。行き場
を失い、避難先として債券が買われている」と指摘した。

  ダウ工業株30種<.DJI>は416.02ドル(3.29%)安の1万221
6.24ドル。
 
 ナスダック総合指数<.IXIC>は96.66ポイント(3.86%)安の240
7.86。

  S&P総合500種指数<.GSPC><.SPX>は50.33ポイント(3.47%)
安の1399.04。 
 
 この日の中国株式市場では、政府が投機抑制策を講じるとの懸念から、上海
総合株価指数<.SSEC>が約9%急落した。

  米金融市場では取引開始前から既に悪い材料が出ていた。
 
  政府が発表した1月の耐久財新規受注は前月比7.8%減とエコノミスト予
想以上の落ち込みとなり、経済成長の減速について懸念が強まった。
 
 シカゴオプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数<.VIX>は一時
70.5%急騰し、投資家の懸念を如実に示した。

  ダウは一時、546.20ドル(4.32%)安の1万2086.06ドル
まで下げた。中国経済から影響を受ける部分が大きい企業の株が売られ、ダウ工
業株30種全銘柄が下落した。
 
 主要3株価指数はいずれも60日間の移動平均を割り込み、昨年7月以来の上
昇基調が失速し始めた兆候を示した。
 
 米石油大手エクソンモービル(XOM.N: 株価, 企業情報 , レポート)は4.7%
安となり、ダウとS&P500で最大の下落率を記録。
 
 フィラデルフィア半導体株指数<.SOXX>は3.1%下落。1日の下落率としては
今年2番目となった。
 
 ネットワーク機器大手の米シスコシステムズ(CSCO.O: 株価, 企業情報 , レポ
ート)は5.6%安で引けた。

[ニューヨーク 27日 ロイター]

 (07/02/28 08:27)  





■関連文章
  • 緊急アンケート:市場が有望視する銘柄、今後は日本の代表企業(07/02/21)
  • ロシア、07年武器輸出は過去最高額に=第1副首相(07/02/20)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • 日経平均が終値で昨年来高値更新、6年9カ月ぶりの高水準(07/02/19)
  • 中国株式市場、上海総合指数が最高値(07/02/15)
  • 中国は経済成長減速、不均衡問題は解消せず=世銀(07/02/15)
  • 日経平均が終値で昨年来高値、通期見通しの上積みに期待感(07/02/14)
  • 株式市場に波風を起こす30兆元のホットマネー(07/01/12)
  • 07年の世界経済成長率は3.2%に鈍化へ=国連(07/01/11)
  • 中国の宝鋼集団、中核鉄鋼資産のNY上場を準備=関係筋(07/01/11)
  • ソウル株式が9週間ぶりの安値、北朝鮮の核実験準備報道で(07/01/05)
  • 経済成長、G7でカナダがトップ(06/12/25)
  • 海外勢の日本株回帰、三角合併の課税で期待外れも(06/12/22)
  • ベトナムの06年成長率は8.2%、海外直接投資は過去最高の95億ドルに=閣僚(06/12/13)
  • IMF、07年の世界経済成長率予測を下方修正へ=第1副専務理事(06/12/06)