印刷版   


拉致で前進なければエネルギー支援行わず=官房長官

 塩崎恭久官房長官は13日午前の記者会見で、6カ国協議の中で行われた日朝2国間協議で、今後の両国関係の取り組みを協議したことを明らかにした。内容にについては明らかにしていないが、日本は北朝鮮に対し拉致問題の解決に向けた取り組みを求めてきたことから「当然その立場を申し上げたと思う」と述べた。同時に拉致問題での前進がなければ、エネルギー支援を行わないスタンスに変更はないと述べた。

 6カ国協議では、13日未明の主席代表会合で、議長国の中国から今回の成果を取りまとめる草案が提示され、13日午前の主席代表会合で各国が立場を表明する。

 塩崎官房長官は、今回の協議では「北朝鮮が核問題に関する初期行動をどのようにとるのかがポイントだった」とし、この点について日本として「一定の前進があったと考えている」と評価した。そのうえで拉致問題の解決なくして国交正常化はなく、拉致問題で前進がなければエネルギー支援を行わないとのスタンスに変更はないと強調した。

 ただ、「(北朝鮮の核廃棄に向けた取り組みなどに関して)仮に各国が合意できた場合に行う支援を促進するための協力はあり得ると考えている」と述べ、拉致問題とは切り離した間接的な支援には応じる用意がある姿勢を示した。

 [東京 13日 ロイター]

 (07/02/13 13:53)  





■関連文章
  • 6カ国協議は難航、13日も継続へ=韓国当局者(07/02/13)
  • 6カ国協議、日本は拉致・核など包括的解決の方針説明=官房長官(07/02/09)
  • 北朝鮮:中朝国境の強制労働収容所、史上初120人の大量脱獄(07/02/09)
  • 朝鮮中央通信社、金総書記が地方を視察と報道(07/02/08)
  • 北朝鮮、非核化で具体的な約束が大事=塩崎官房長官(07/02/08)
  • 北朝鮮、6カ国協議で2度目の核実験計画を表明か(07/02/01)
  • 6カ国協議、北朝鮮の核放棄に向け結果出したい=首相(07/01/31)
  • 北朝鮮、イラン核開発を支援との観測を否定(07/01/29)
  • 韓国、「北朝鮮の金総書記の身辺に異変」との報道を否定(07/01/26)
  • トヨタ、07年ハイブリッド車世界販売は4割増で計画(07/01/25)
  • 北朝鮮、エネルギー援助見返りに核凍結と査察受入れ提案=韓国紙(07/01/22)
  • 在日ビルマ市民、中国大使館前で抗議デモ(07/01/20)
  • ベルリンでの米朝協議、一定の合意=北朝鮮外務省(07/01/20)
  • ロシア、米国に対北朝鮮金融制裁の解除を要請(07/01/18)
  • 北朝鮮:猩紅熱など伝染病拡大、全国に波及(07/01/18)