印刷版   

北朝鮮、口蹄疫の発生を報告=国際獣疫事務局

 北朝鮮は、1月10日に平壌近郊の農場で口蹄(こうてい)疫が発生し、牛466頭とブタ2640頭余りを処分したことを国際獣疫事務局(OIE)に報告した。OIEが7日、ウェブサイト上で明らかにした。

 韓国農林省によれば、韓国政府は北朝鮮からの輸入品や旅客に対する監視を強化した。

[ソウル 8日 ロイター]

 (07/03/09 08:13)  





■関連文章
  • 拉致問題解決に向け粘り強く交渉する=日朝作業部会で安倍首相(07/03/08)
  • 米朝作業部会は「良い議論」、初期段階の措置履行を楽観=ヒル次官補(07/03/07)
  • 米国と北朝鮮の関係正常化に向けた作業部会が始まる(07/03/06)
  • ビルマ(ミャンマー):鳥インフルエンザ発生、人の感染はいない(07/03/02)
  • 米朝が3月5・6日に米国で作業部会開催=国務省報道官(07/03/01)
  • マカオの銀行の北朝鮮口座凍結問題、解決の用意ある=米財務次官補代理(07/02/27)
  • ウラン濃縮計画問題は作業部会で協議=塩崎官房長官(07/02/26)
  • IAEA事務局長、核問題協議で訪朝へ(07/02/24)
  • 北朝鮮、プルトニウム製造停止の用意=6カ国協議の韓国代表(07/02/24)
  • 中国の軍備増強を懸念、北朝鮮が合意守るかは不透明=米副大統領(07/02/24)
  • 北朝鮮難民救援基金「救援グループJYO」、咸鏡北道で支援活動(07/02/24)
  • 北朝鮮外務次官、核の見返り交渉で3月訪米へ(07/02/23)
  • 中国東北部の難題:脱北女性と中国人男性との間にできた子供はどうなるのか?(07/02/23)
  • 北朝鮮:旧暦新年期間、中国大使館職員を頻繁に招待(07/02/23)
  • 米政府、北朝鮮ウラン濃縮計画に関する情報不足を認める(07/02/23)