広州東莞でニセ有毒塩が氾濫 民衆に深刻な害

2007/03/19 14:34
 【大紀元日本3月19日】広東の違法業者が、正規の製塩場の生産で余った重金属、不純物を含んだ廃棄物を利用して劣質の有毒なニセ塩(以下「毒塩」)を作り、低価格で卸売市場に販売している。昨年11月、中国中央テレビは広東省を取り上げ、ここ2年間、人体に有毒な密造食塩が出回っているとの放送をしてから、同省では今も毒塩が流通し、たくさんのレストラン、ホテル、学校の食堂などで出される料理に使用されている。

 広州“新快報”の報道によると、低価格のニセ有毒塩は、広東省内で驚くべきレベルで流通しており、広州、東莞の2市だけで、ほぼ9割の雑貨露店、商店、卸売市場、スーパー、かつ、レストランにも流入しており、被害は深刻であるという。

 報道によると、毒塩は、簡単なビニール包装で商標もない一目で怪しいと分かるものから、本物の食塩のブランド名が入った袋を真似て作った袋に入れられたものまで様々のものがある。小売価格は本物の塩の半額で、大多数が違法ルートで市場に流入している。ある販売者は、毒塩1パックの利潤は、本物3パック分の利潤に相当すると率直に語っている。

 報道の指摘によると、こうした毒塩の主要な産地は湛江、雷州などの地における私人の小製塩場である。違法業者は、正規の製塩場から食塩を精製する際に生じる廃棄物を使って、白い毒塩を再生産しているが、この中には大量の水銀、鉛、亜硝酸塩等の重金属や不純物が含まれており、摂食後に人体に深刻な害をもたらす。

 広東省内の多くのレストランや学校の食堂では、コスト削減のためにこうした毒塩を大量に購入しているが、顧客は、自分が食べた物に毒塩が含まれていることを全く知ることができない。

関連記事
注目記事
^