印刷版   

成長戦略・改革の方向性について話をした=米財務長官との会談で安倍首相

 安倍晋三首相は、官邸内で記者団に対し、5日夕のポールソン米財務長官との会談について「日本経済の状況、いま進めている新成長戦略、改革の方向性について話をした」と述べた。

 また、安倍首相は米財務長官に対し「日本経済は緩やかな回復軌道に乗っているとの話をした」と語った。北朝鮮に対する金融制裁解除に関しては「話していない」とした。

[東京 5日 ロイター] 

 (07/03/05 21:17)  





■関連文章
  • 北朝鮮、核廃棄に向け具体的な一歩=安倍首相(07/02/14)
  • 柳沢厚労相には職責を果たすことで責任を果たしてもらいたい=首相(07/02/06)
  • 市場開放を進めなければ中国経済のリスクに=米財務長官(07/02/01)
  • 反右派闘争運動被害者ら、中共当局へ賠償「名誉回復」要求(07/01/31)
  • 6カ国協議、北朝鮮の核放棄に向け結果出したい=首相(07/01/31)
  • ユーログループ、来週のG7控え円安に懸念表明(07/01/30)
  • 安倍首相が「産む機械」発言で柳沢厚労相を厳しく注意(07/01/29)
  • 日中首脳相互訪問の思惑=台湾・明居正教授(07/01/29)
  • ユーログループ、弱い円に対しより強いG7メッセージ求める意向=関係筋(07/01/25)
  • 安倍首相が東アジアサミット出席、エネルギー協力支援策を表明(07/01/16)
  • 衆参同日選は考えていない=安倍首相(07/01/04)
  • 相互貿易が拡大すると確信=日・印首脳会談で安倍首相(06/12/16)
  • 米中、人民元改革の推進と米国の貯蓄拡大で合意(06/12/15)
  • 中国は経済改革を加速させる必要ある=米財務長官(06/12/15)
  • 全米製造業者協会、訪中控えた財務長官らに対中圧力強化を要求(06/12/05)