印刷版   

3月16日、中国・山東省のテレビ局が米人気ドラマ「プリズン・ブレイク」を英語教材として放送。写真は同ドラマに出演しているウェントワース・ミラー(右)とドミニク・パーセル。昨年10月撮影(2007年 ロイター/Eric Gaillard)

米ドラマ「プリズン・ブレイク」、中国のTVで英語教材に

 中国・山東省のテレビ局が、米人気ドラマ「プリズン・ブレイク」の一部を、子供向けチャンネルで「英語の学習教材」として放送した。16日付の北京青年報が報じた。

 同紙によると、刑務所からの脱獄などを描いた「プリズン・ブレイク」は、他の犯罪絡みの内容を扱った番組と同様、中国国内では放送が禁止されている。

 ただ、一方でシーズン1の違法コピーDVDが1枚10ドル(約1160円)以下で公然と売られるなど、国内での「プリズン・ブレイク」人気は高いという現状がある。

 同テレビ局の担当者は、子供向けチャンネルで放送している「映画を見て英語を学ぶ」番組の一部として「プリズン・ブレイク」の抜粋を放映したとしている。

 同担当者は「番組ではいくつかのシーンを流し、司会者がそこで使われた英語の意味や実生活での応用表現などを解説しました」と述べた。

 ただ放映数日後には関係当局から注意を受けたことも明らかにし、知的所有権をめぐる懸念もあったため放送は取り止めたとしている。

[北京 16日 ロイター]

 (07/03/18 21:03)  





■関連文章
  • 米中戦略経済問題の本質(07/01/06)
  • 高智晟・人権弁護士、北京で秘密裁判=米NPR放送局(06/12/14)
  • 「北の拉致案件は、安全保障上の問題」=特定失踪者問題調査会・荒木和博代表(06/11/29)
  • 中国:ウィキペディア英語版復活、敏感用語は未だに検閲の対象(06/11/04)
  • 新唐人テレビ台湾放送局、来年1月に放送開始  (06/10/31)
  • イラクで武装犯が衛星放送局を襲撃、7人死亡(06/10/13)
  • イタリア当局、政治家の薬物使用暴露番組の放送差し止め(06/10/12)
  • 世銀予測:中国語、英語に代わり共通言語に(06/09/28)
  • 中国の国内企業、商標と知的所有権に課題山積(06/08/17)
  • 中国、ゴールデンタイムでの外国アニメ放送禁止へ(06/08/14)
  • 大陸ネット封鎖の突破について(06/05/12)
  • 法輪功関連放送局、中国大陸向け放送開始(06/03/03)
  • 中共インターネット情報封鎖を突破する「自由の扉」(06/02/21)
  • 「韓流」がアジアの大衆文化を変える(06/01/28)
  • 台湾新聞局:台湾メディア業界に潜む中共スパイを厳しく追求(05/12/02)